暮らしに役立つ、知恵がある。

 

家事中の「ながら」エクササイズで家をホームジムに。正しい姿勢も大切です。

毛細血管を元気にするために大切なのは、自律神経のバランスをくずなさいことと
筋肉を鍛えて毛細血管を増やすこと。
この2つのためには姿勢と運動が不可欠。

文:韮澤恵理 イラストレーション:ヤマグチ・カヨ

[ 家事中、仕事中のながら運動 ]

掃除、洗濯、料理というと手を抜きたい気持ちにもなるけれど、
ながらエクササイズとして習慣にすれば最高のホームジムになる。

洗濯を干しながら

下半身の筋肉を鍛えることができるのは立ったり座ったりする動作。洗濯物を入れたカゴを床に置き、1枚ずつしゃがんで取り出し、立ち上がって高いところに干す動作をこまめに行うと、いい運動に。横着をして腰だけを曲げて取ると、腰痛の原因にも。

家事中の「ながら」エクササイズで家をホームジムに。正しい姿勢も大切です。

料理をしながら

調理台の前に立ち続ける時間をエクササイズタイムに。鍋を混ぜたり洗い物をしながら、かかとを上げ下げしたり、洗い物をするときは、シンクの縁につかまってスクワットをするのもとてもいい。

家事中の「ながら」エクササイズで家をホームジムに。正しい姿勢も大切です。

床掃除をこまめに

雑巾などで床を拭く動作は、腹筋や腕の筋肉を使うのでかなりの運動量。立ったり座ったりして下半身のトレーニングにもなる。昔の掃除はメタボ予防、老化予防にもなっていたかも。

家事中の「ながら」エクササイズで家をホームジムに。正しい姿勢も大切です。
  • 根来秀行

    監修

    根来秀行 さん (ねごろ・ひでゆき)

    医師、医学博士。

    東京大学大学院医学系研究科内科学専攻博士課程修了。ハーバード大学医学部客員教授、ソルボンヌ大学医学部客員教授、フランス国立保健医学研究機構客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。『毛細血管は増やすが勝ち!』(集英社)、『ホルモンを活かせば、一生老化しない』(PHP研究所)、『老けない、太らない、病気にならない 24時間の過ごし方』(幻冬舎)、『【図解】毛細血管が寿命をのばす』(青春出版社)など著書多数。

『Dr.クロワッサン 毛細血管を増やして、血流力をつける!」(2018年11月15日発行)より。

02 / 02
  1. HOME
  2. からだ
  3. 家事中の「ながら」エクササイズで家をホームジムに。正しい姿勢も大切です。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載