からだ
更新:

【背中・手足・頭編】腸の調子を上げるマッサージ&ツボ押し。

順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんに教わります。
  • 文・吉田真緒 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 モデル くらさわかずえ

[背中のツボ]

【背中にある腸のツボは便秘点と大腸兪が代表。】

ツボは問題のある臓器の近くにあるとは限りません。離れたところに効果的なツボが存在することも。背中にも腸にいい特効ツボがいくつもあります。

代表的なのは、「便秘点」と「大腸兪(だいちょうゆ)」。いずれも大腸の働きに効果があり、便秘などに即効性があります。大腸兪より下、仙骨のあたりには、小腸とつながる「小腸兪」もあります。

背中のツボは自分で押すほか、人に押してもらったり、横になってボールなどを当てて体重をかけてもいい。温めるのも効果的です。

腸に効く背中のツボ

便秘点は一番下の肋骨から指幅2本分下で、背骨から指4本分外側のところ。大腸兪は腰骨の高さで背骨から指2本分外側。

大腸兪の押し方

便秘や下痢など大腸の不調に効く。足やひざの痛み、腰痛にも。ツボを見つけて、腰に手を当て親指でぐっと押し込むと力が入る。

便秘点の押し方

便秘に効果的な特効ツボ。ツボを見つけたらウエストをつかむように手を当て、親指でぐっと押し込むように押す。

[手のツボ]

【お腹と離れていても効果的、押しやすいので便利なツボ。】

腸に効くツボは、手や腕にもあります。押しやすい位置なので、こまめに押せるのがいいところです。

「合谷(ごうこく)」は手の甲にあり、簡単に刺激できるので覚えておきたいツボです。目の疲労や血圧などにも効果があるので、疲れたなと思ったら合谷を押してみるといいでしょう。両手の合谷を交互に押すとリラックスします。

「手三里(てさんり)」もさまざまな症状に効く有名なツボで、胃腸の不調のほかに、精神安定効果もあるため、ストレスによる自律神経のアンバランスにも効果的です。

合谷の位置と押し方

親指と人さし指のつけ根から人さし指のほうに少しだけ寄ったところ。押すとイタ気持ちいい圧痛がある位置。

最も簡単なのは反対の手の親指でギュッとつまむように押し込む方法。ツボ押し棒などで押してもいい。

手三里の位置と押し方

ひじを軽く曲げたときにできるしわから指3本分手首寄りのところ。周囲を押してみて圧痛がある点。

ひじを軽く曲げてツボを見つけたら、反対の手でひじ側から腕をつかむようにして親指でギュッと押し込む。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。