からだ
更新:

腸を支える体幹を鍛え、昼間のコンディションを整えるエクササイズ。

腸を支える腹筋と体幹を鍛えるエクササイズを順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんに教わります。
  • 文・吉田真緒 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 モデル くらさわかずえ

[屈伸&体幹回し]

【交感神経を活発にするお腹ひねりエクササイズ。】

このエクササイズは交感神経を活発に働かせる効果があります。心身ともに活動モードにスイッチが入るので、朝行うといいでしょう。

体幹を左右に回転させ、お腹にひねりを加えるエクササイズ。「肩」→「脇腹」→「腰骨」の3ステップで、タッチする部分を下げていき、徐々にひねりを強め、ひざを深く曲げることで筋肉への負荷を増やしていきます。腕は回転につられて振るような感じです。前かがみにならないように意識しながら行いましょう。

【 肩 】

1.足を肩幅に開いて立ち、ひざは軽く曲げる程度にゆるめる。手は自然に下ろす。これが基本姿勢。

2.顔を正面に向けたまま、体幹を軸にして上半身を左にひねり、右手で左肩をタッチする。

3.1の基本姿勢に戻る。

4.顔を正面に向けたまま、体幹を軸にして上半身を右にひねり、左手で右肩をタッチし、1の基本姿勢に戻る。(つづく)

【 脇腹 】

1.【肩】の1と同様に基本姿勢で立つ。

2.顔を正面に向けたまま、体幹を軸にして上半身を左にひねり、右手で左脇腹をタッチする。

3.1の基本姿勢に戻る。

4.顔を正面に向けたままひざを曲げ、体幹を軸にして上半身を右にひねり、左手で右脇腹をタッチする。1の姿勢に戻る。(つづく)

【 腰骨 】

1.【肩】の1と同様に基本姿勢で立つ。

2.顔を正面に向けたまま、上半身の体幹を左にひねり、右手で左の腰骨をタッチする。

3.1の基本姿勢に戻る。

4.顔を正面に向けたまま、上半身を体幹を軸にして右にひねり、左手で右の腰骨をタッチ。1の姿勢に戻る。一連の動作を4回繰り返す。

小林弘幸

監修

小林弘幸 さん (こばやし・ひろゆき)

医師

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。
日本初の便秘外来を開設し、著名人のコンディショニング向上などにも関わる。自律神経の権威としても名高い。著書に『自律神経が整う時間コントロール術』(小学館)、『医者が考案した「長生きみそ汁』」(アスコム)など多数。

『Dr.クロワッサン 名医が教える腸ストレッチで、自律神経はよみがえる。」(2019年1月15日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。