からだ

自律神経の乱れを感じた時に読みたい4つの記事まとめ。

更年期、気圧、ストレスなどで乱れやすい自律神経。そのメカニズムや対処法に関する記事で、整え方を学んでみましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 自律神経のメカニズムを西洋医学・東洋医学の視点で徹底解説。

西洋医学、東洋医学の2つの視点から、医師が自律神経を徹底解説。臨床の結果を踏まえた、私たちにもできる自律神経の整え方も伝授します。姿勢が悪い人、怒りの感情の処し方が下手な人、更年期の人は、参考になるアドバイスがいっぱいですよ。
 ⇒詳細はこちらから

2. 自分でもできる、自律神経の10の整え方。

首を伸ばす、寝る前の腹式呼吸、ぬるめの湯に20〜30分浸かるなど、今すぐ実践できる自律神経の整え方を医師がアドバイス。完璧を目指さず、自分に合う方法を見つけてください。

⇒詳細はこちら

3. 自律神経の乱れはイライラのもと。呼吸法を見直して、心身を整える。

一般的に女性は40代を境にして副交感神経の働きが衰え、自律神経のバランスが崩れやすいこともわかっているのだそう。呼吸整体師の森田愛子さんが提唱する心身を整える呼吸法を試してみては?

 ⇒詳細はこちらから

4. 【女性ホルモン・自律神経編】 40代からの<目的別オイル>の摂り方とレシピ。

約37兆個といわれる細胞の膜を作っているのもホルモンを作り出すのも、実はオイル。大豆や発酵食品を使った体に良いレシピで、おいしく女性ホルモンや自律神経のバランスを整えてみましょう。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。