くらし

気圧や天気が原因で起きる不調、気象病について理解が深まる4つの記事。

雨が降ると膝が痛くなる。台風が近づいてくると頭痛がする……実は多くの人が悩む天気と連動する体調不調。「気象病」のメカニズムと対処法について4つの記事で理解を深めましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. しんどさを生む「気象病」とは?

気象病研究の第一人者で医師の佐藤純さんに、気象病のメカニズムやどんな気候が影響するのかなどを聞きました。「とくに台風のときは、落ち着きがなくなったりザワザワした気分になったりと特別な症状が出ることも。」と佐藤さん。
 ⇒詳細はこちらから

2. 頭が痛い、だるい、眠い…。こんな症状、実は気象のせいかも?

引き続き佐藤純さんに聞く気象病。どんな症状があるの? 気象病になりやすいタイプって? 質問に答えていくと自分の気象病リスクがわかるチェックリスト付き。 

⇒詳細はこちら

3. 気象病には対処法があります。

気象病にはどう対処すればいいのか。日常生活で気を付けるべきこと、おすすめの薬やお役立ちアプリなど、引き続き医師の佐藤純さんに教わります。

 ⇒詳細はこちらから

4.「めまい」「耳鳴り」に有効な耳もみと耳ツボ押し法とは?

「内耳(耳の奥)には、気圧の低下を感知するセンサーがあり、それが脳に情報を伝えストレスを生じさせ、自律神経がアンバランスになり、めまいや耳鳴り、頭痛などの不快な症状を引き起こすといわれているんです。」と、医師で医学博士の上馬塲和夫さん。不調に役立つマッサージ術を教わります。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。