からだ

今年のラッキーカラーは何色? 下着選びで、なりたい自分に。

もっと積極的に楽しむためのトピックス。運が向いたり、自然素材にこだわったり、大人の下着はこんなに楽しい!
  • イラストレーション・フルフォード素馨 文・矢吹紘子
青木良文(あおき・よしふみ)さん●ファッション&占いエディター。『フィガロジャポン』をはじめ、多くの女性誌でファッションと占いページの編集を手掛ける。『VOCE』『VERYweb』『ミモレ』などに連載を持つ。

「実はランジェリーは、人の印象を左右する重要なアイテムだそう」とは、さまざまなメディアで数多くの占いページを手がける編集者の青木良文さん。その裏付けとなるのが西洋占星術でみる2020年の年回り。

「今年は木星と土星が20年に一度、ぴったり重なる“グレート・コンジャンクション”の年。さらにこれまで長い間続いてきた“地”の時代から、“風”の時代へと変化する大きな節目でもあるんです。風の時代のキーワードは雰囲気。顔の造作など見た目そのものよりも、清潔感や女性らしさといった、その人の醸し出すものが人にアピールするようになる。そこでポイントになるのは唇と髪、そして肌。特に体の大きな面積を占める肌の影響は大きく、肌から得る情報がその人の印象につながるといっても過言ではないほど。だからランジェリーは手を抜いてはだめ。肌触りのいい天然素材で、心地よくいられるものを選ぶのが大前提です。ブラジャーとショーツがバラバラな人は、常に慌ただしくブレのある印象を与えてしまうので要注意。また、サイズの合わないブラは金運を失いがちに」

さらに風水の観点から色の力を取り入れることで、なりたい自分へのフォーカスを定めることが可能に。

「今年のラッキーカラーは黄色で、心の豊かさを高めてくれると言われています。第一印象をパッと明るくしたい人には、白がおすすめ。女性らしさを高めたいなら淡いピンク、新たなスタートを控えている人は赤が後押ししてくれる。紫には言霊の力をアップする力があるので、仕事のプレゼンなど自分の発言に説得力を持たせたい時にぴったりです」

多くの女性が悩みがちな捨てどき問題に関しては、「古い下着を身につけると、古い縁に縛られてしまう」と、なんとも含蓄のある一言が。

「年を重ねる意味って、前向きに変化することだと思うんです。だから自分が古臭くならないように、下着も更新していかないと。幸い服よりも冒険しやすいのがランジェリーのいいところ。新年度に向けて、新たな目線で取り入れて、自分をアップデートしてみてください」

\Lucky color/

黄色には物質的にも内面的にも豊かさを上げるパワーがあるとされる。「九星気学でいう金の年でもある2020年には特にパワフルな色。定番に加えてみて」

ほかにもこんなカラーがおすすめ。

ピュアな白は第一印象の特効薬。「初めての場所や、初めて会う人へのイメージアップには欠かせない。後から思い出してもらえる人になりたいならこの色」
淡いピンクは水の気を増やすと言われ、女性にとっての幸運を運んでくれるカラー。「濃いピンクは、明るく溌剌とした雰囲気をアップしてくれます」
新たなチャレンジなどをサポートするのは赤。「古来、赤は始まりの色。還暦の赤いちゃんちゃんこには、人生の新たなスタートを祝う意味もあるそうです」
セクシーなイメージのある紫には、感性を研ぎ澄まし、言葉に説得力を持たせる力が。「プレゼン力を上げ、社会的なステータスを高めるとも言われています」

『クロワッサン』1018号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。