からだ
くらし
更新:

お湯を注ぐだけでこんなに旨い!「トマトスープ玉」を使った本格レシピ。

玉(ベース)を用意すれば、お湯を注ぐだけでできるのがスープ玉。料理研究家の髙山かづえさんに教わって、トマトスープ玉の本格レシピを紹介。
  • 撮影・柳原久子 スタイリング・高島聖子 文・黒澤 彩

(トマトスープ玉)野菜とベーコンの旨みをぎゅっと凝縮。ほのかな酸味も。

トマトの水煮にベーコンの濃い旨みと香味野菜の風味を合わせて煮詰めたトマトスープ玉は、トッピングや最後に加えるオイル、バルサミコなどのアレンジ次第で驚くほど味わいが変わる。

「具だくさんにすれば、トマトシチューのようなメインの一皿にもなります。トッピングは野菜や肉はもちろん、雑穀との相性もいいので、ぜひ試してみてください」

雑穀はドライパックのものを使うと、戻す手間がなく簡単。これだけで食べごたえ充分なので、ご飯やパンなしでも満足できる。

トマトスープ玉

【材料(約6食分)】
トマト水煮缶(ダイス)1缶(400g)、にんにくみじん切り1/2かけ分、玉ねぎみじん切り1/2個分(100g)、ベーコンみじん切り2枚分(30g)、オリーブ油大さじ1、酒大さじ1、ローリエ1枚、パン粉大さじ3、塩小さじ1と1/4、砂糖小さじ1、こしょう少々

【作り方】
1.鍋にオリーブ油、にんにくを入れて中火で熱する。香りが立ったら玉ねぎ、ベーコンを加えて3分ほど炒める。
2.酒を加えてさっと炒め、トマト缶、水1/2カップ、ローリエを加えて中火にし、煮立ったら蓋をして弱火で15分煮る。
3.ローリエを取り出し、パン粉、塩、砂糖、こしょうを加えて中火にし、混ぜながらもったりとするまで3分ほど煮詰める。

【スープ1食分の目安】
トマトスープ玉大さじ3、熱湯150ml、好みのトッピング適量

※トッピングは60g前後が目安。これより多いと湯を注いだあとに温度が下がる。その場合はレンジ加熱するとよい。

鶏ささみと雑穀のトマトスープ

茹でささみ
雑穀ミックス
万能ねぎ

食物繊維が豊富な雑穀と、鶏ささみで、栄養バランスのいいスープに。野菜の種類を増やせばぐっと豪華なメインディッシュにも。雑穀ミックスのドライパックをストックしておくと重宝する。

【トッピング材料(1食分)】 
雑穀ミックス大さじ2(20g)、茹でささみ(割く)1本(50g)、万能ねぎ(小口切り)1本(最後にかける)

茹でささみの作り方

【材料】
鶏ささみ3本(150g)、塩小さじ1/4、酒大さじ1

【作り方】
1.
鶏ささみは、筋があれば取り、塩をふってなじませる。
2.小鍋に水1カップ、酒を入れて中火で熱する。沸いたら鶏ささみを加え、弱火にして3分茹でる。
3.火を止めてそのまま粗熱をとり、食べやすく割く。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。