からだ
くらし

井澤由美子さんのレシピで作る、酒粕ビーフストロガノフ。

暴飲暴食が続きがちな年末年始。家で食事がとれるとき、控えめを意識するのなら、発酵食材を活用し、一皿で満足できるスープはいかが。“体が喜ぶ食”を提唱する井澤由美子さんに教わります。
  • 撮影・福岡 拓 スタイリング・渡邊美穂 文・板倉みきこ 撮影協力・UTUWA(TEL.03-6447-0070)

酒粕を使えばすぐコクが出て、もち麦ご飯とも好相性。

米麹1:醤油2.5の割合で作った醤油麹に牛肉を漬け込めば、旨味アップ。
醤油麹
酒粕
信州味噌

ビタミンやミネラル豊富な酒粕は酵母の塊。味噌など豆製品と合わせると効果が上がる。写真の一皿には、大豆だけでなく、乾煎りして醤油麹に漬け込んだ、井澤さん特製の黒豆もプラスしている。

【材料(2人分)】
醤油麹大さじ1 酒粕大さじ2強 信州味噌大さじ1と1/2 焼肉用牛肉120g マッシュルーム5個 蒸し大豆50g 玉ねぎ小1個 みりん大さじ2 コンソメ(顆粒)小さじ1 バター大さじ2 もち麦ご飯適量 パセリ適量

【作り方】
1.
食べやすく切った牛肉と醤油麹をビニール袋に入れ、袋の上からなじませ30分以上置く。
2.玉ねぎは皮をむき、丸のままラップに包んで600Wの電子レンジで6分加熱し、ざく切りに。
3.鍋に1、2、水3カップ、酒粕、味噌、みりん、コンソメを入れて煮たったら、マッシュルーム、大豆を入れて煮込み、バターを加えて火を止める。器にもち麦ご飯と一緒に盛り、みじん切りしたパセリを散らす。

井澤由美子(いざわ・ゆみこ)さん●料理家。発酵食を軸に、薬膳の知識などを取り入れた“食薬ごはん”を提案。近著に『体がよろこぶお漬け物』(誠文堂新光社)が。

『クロワッサン』1012号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。