からだ
くらし

井澤由美子さんのレシピで作る、レタスとあさりの レモンスープ。

暴飲暴食が続きがちな年末年始。家で食事がとれるとき、控えめを意識するのなら、発酵食材を活用し、一皿で満足できるスープはいかが。“体が喜ぶ食”を提唱する井澤由美子さんに教わります。
  • 撮影・福岡 拓 スタイリング・渡邊美穂 文・板倉みきこ 撮影協力・UTUWA(TEL.03-6447-0070)

お茶とレモンの香りが漂い、心休まるエスニックな一皿。

レモン1個の皮を塩でこすり洗いし、 輪切りにして塩麹大さじ2とビニール袋に入れ、袋の上からよく揉めばすぐ使える。レモンに塩麹を揉み込むと、皮の苦味が取れ、味が柔らかくなる。
塩麹レモン

ビタミンC豊富な塩麹レモンはフレッシュな香りづけにも。かすかに香るお茶とレモンの香気で、気の巡りを改善。あさりに含まれるタウリンは疲労回復に。レタスの食感が脳をリラックスさせる。

【材料(2人分)】
塩麹レモン2~3枚 レタス4~5枚 あさり12個 ナンプラー少々 カモミールやジャスミン、プーアールなど薄めに入れたお茶3カップ 春雨80g 酒50ml

【作り方】
1.
レタスはちぎり、春雨はぬるま湯につけて戻す。
2.鍋にお茶、塩麹レモン、酒、あさりを入れて煮る。あさりの口が開いたら味をみてナンプラーで調え、春雨とレタスを加え、さっと煮たら器に盛る。

井澤由美子(いざわ・ゆみこ)さん●料理家。発酵食を軸に、薬膳の知識などを取り入れた“食薬ごはん”を提案。近著に『体がよろこぶお漬け物』(誠文堂新光社)が。

『クロワッサン』1012号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。