からだ
くらし

瀬尾幸子さんの体を芯から温める白菜と牛肉のすき焼き風鍋レシピ。

冬野菜といえば思い浮かぶ3つの旬野菜。その栄養をたっぷり余すところなく摂れるよう、シンプルで美味な鍋レシピを提案します。
  • 撮影・津留崎徹花 スタイリング・荻野玲子

白菜と牛肉のすき焼き風鍋

甘辛い牛肉の旨みを吸った、白菜とこんにゃくが主役。

「まずはそのまま、次に卵を落として大きく混ぜながら食べます。シメは甘辛の焼き飯でも」

【材料(2人分)】 
白菜1/4株 長ねぎ1本 牛薄切り肉200g こんにゃく1/2枚(120g) 卵2個 A[砂糖大さじ3 しょう油、酒各1/2カップ 水1カップ]

【作り方】
1.
白菜は2cm幅のざく切り、長ねぎは斜めに1cm幅に、牛肉は3cm幅に切る。
2.こんにゃくは水から茹でてアク抜きし、コップの縁などで一口大にちぎる。
3.鍋に卵以外の材料とAを入れて中火で煮る。アクが出たら取り除く。
4.白菜が煮えたら真ん中に卵を落とし、煮ながら食べる。

濃厚な汁と煮えた卵が絡んだうどんはシメの王様。残ったら翌日改めて卵でとじれば美味しいおかずになる。
【白菜】晩秋から真冬にかけてが旬で、甘みも強くなる。水分がほとんどだがビタミンCやミネラル類、食物繊維も含む。
濃厚な汁と煮えた卵が絡んだうどんはシメの王様。残ったら翌日改めて卵でとじれば美味しいおかずになる。
【白菜】晩秋から真冬にかけてが旬で、甘みも強くなる。水分がほとんどだがビタミンCやミネラル類、食物繊維も含む。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。素材や調味料を活かしたシンプルで「本当に作りたくなる」レシピには多くのファンが。NHK『きょうの料理』など各種メディアで活躍中。

『クロワッサン』1008号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。