からだ
くらし

瀬尾幸子さんの体を芯から温める白菜の変わりミルフィーユ鍋レシピ。

冬野菜といえば思い浮かぶ3つの旬野菜。その栄養をたっぷり余すところなく摂れるよう、シンプルで美味な鍋レシピを提案します。
  • 撮影・津留崎徹花 スタイリング・荻野玲子

白菜の変わりミルフィーユ鍋

八角の印象的な香りでシンプル素材がエキゾチックに。

「ポピュラーな白菜と豚肉の重ね蒸しですが、八角やにらのアクセントで変化がつきます」

【材料(2人分)】 
白菜1/4株 豚バラ薄切り肉200g にら1把 人参1/2本 八角1/3かけ 酒1/2カップ 水1と1/2カップ 塩小さじ1 酢じょう油[酢、しょう油各適量]

【作り方】
1.
人参は皮をむいてせん切りにする。
2.白菜の芯は切り取らず、葉を1枚ずつ開きながら、肉、にら、人参を挟みこむ。
3.ばらばらにならないように手で押さえながら、5cm幅に切る。このとき全部切らず、1回切って鍋に詰める、を繰り返す。
4.鍋にぎゅうぎゅうに詰めたら、酒、塩、水、八角を加える。
5.蓋をして白菜が柔らかくなるまで中火で煮る。酢じょう油で食べる。

粘りがない、韓国餅(トック)をシメに。薄切りのものならすぐ火が通る。コチュジャンや黒胡椒をきかせて。
【白菜】晩秋から真冬にかけてが旬で、甘みも強くなる。水分がほとんどだがビタミンCやミネラル類、食物繊維も含む。
粘りがない、韓国餅(トック)をシメに。薄切りのものならすぐ火が通る。コチュジャンや黒胡椒をきかせて。
【白菜】晩秋から真冬にかけてが旬で、甘みも強くなる。水分がほとんどだがビタミンCやミネラル類、食物繊維も含む。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。素材や調味料を活かしたシンプルで「本当に作りたくなる」レシピには多くのファンが。NHK『きょうの料理』など各種メディアで活躍中。

『クロワッサン』1008号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。