からだ

不用な化粧品が、学生アート作品に!「コスメ下取りキャンペーン」が小田急百貨店町田店で開催。

小田急百貨店町田店では、8月30日(金)~9月1日(日)の3日間、「コスメ下取りキャンペーン」を実施。回収した化粧品は、女子美術大学の学生たちのアート材料として作品制作に一部活用される。
「1階 化粧品売場」ミレニアル世代を意識し、スキンケアブランド中心の展開から、メイクアップ系ブランドを導入。都心店にも引けをとらない計30ブランドでのカウンター展開は、多摩地区最大級。
「2階 ファッションウォーク アミューズ ボーテ」ブランドの垣根を越えあれこれ試せる、国内外20ブランド以上を展開するセミセルフ型のコスメショップ。駅構内にあり、通勤・通学などで駅を利用する人々の注目を集めている。
不用になった化粧品を持参すると、お買物券と引き換えできる。
「1階 化粧品売場」ミレニアル世代を意識し、スキンケアブランド中心の展開から、メイクアップ系ブランドを導入。都心店にも引けをとらない計30ブランドでのカウンター展開は、多摩地区最大級。
「2階 ファッションウォーク アミューズ ボーテ」ブランドの垣根を越えあれこれ試せる、国内外20ブランド以上を展開するセミセルフ型のコスメショップ。駅構内にあり、通勤・通学などで駅を利用する人々の注目を集めている。
不用になった化粧品を持参すると、お買物券と引き換えできる。

「コスメ下取りキャンペーン」は、リニューアルした町田店の化粧品売場を知ってもらえるようにと5月にはじめて実施。不用になった化粧品を持参すると、対象売場で化粧品を1レシート3,000円購入するごとに1枚利用できるお買物券(500円)と引き換えでき、3日間で1,500人が来店する人気キャンペーンとなった。

2回目となる今回は、回収した化粧品をさらに有効活用する方法を検討。女子美術大学 の相模原キャンパスで、エコデザインの課題に取り組んだり、廃材を魅力的なモノに変えるアップサイクルの提案を行ったりしている学生に、回収した化粧品を作品に役に立てもらいたく、はじめて連携することになった。回収した化粧品は、アート材料として作品制作に一部活用。作品は、12月に東京ビッグサイトで開催される環境の総合展示会「エコプロ2019」に出展される。

『コスメ下取りキャンペーン』
期間:8月30日(金)~9月1日(日)各日10時~20時
場所:小田急百貨店町田店3階 特設会場(小田急線連絡口横)
期間中、不用となった化粧品を持参すると、1点につき1枚、「コスメお買物券(500円)」と引き換え。下取りは一人1回につき2点まで、小田急ポイントカードを提示すると3点までとなる。コスメお買物券は、1、2階各対象売場で1レシート3,000円お買い上げごとに1枚利用できる。
お買物券有効期間:8月30日(金)~9月10日(火)
お買物券ご利用対象売場:1階 化粧品売場、2階 ファッションウォーク「アミューズ ボーテ」「ファンケル」※1階「アルビオン」「トム フォード ビューティ」、2階「アインズ&トルペ」は対象外。
下取り対象品:ファンデーション、アイブロウ、アイライナー、アイペンシル、マスカラ、アイシャドウ、チーク、口紅、リップグロス、リップクリーム、マニキュア、化粧下地、フェイスパウダー ※小田急百貨店町田店以外の購入品も対象、18歳未満の場合は保護者の方の承諾が必要。

下取り対象除外品:サンプル品、基礎化粧品(化粧水、乳液、クリーム、美容液など)、クレンジング、洗顔料、石鹸、ボディクリーム、日焼け止め、フレグランス、ヘアケア用品、美容機器、メイク用品、ポーチ、除光液、スプレー缶、空のケース・容器など

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE