facebook instagram twitter youtube
ビューティー

【美肌のプロが教えるとっておき洗顔法】ホットタオル洗顔で年齢知らずのつやハリ肌に。

美肌に定評のある人々も、かつては肌トラブルで悩んだ時期があります。肌改善のため、たどりついた洗顔法を伺いました。

毎日の蒸しタオル洗顔で、ハリも透明感も変わります。

CR_DSC6060
今年、80歳。傘寿を迎えた小林照子さんは、年齢を忘れてしまうほど、つやに満ちたハリ肌の持ち主。どんなスキンケアをしているのでしょう。

「朝は泡洗顔の後、ぬるま湯で洗い流すシンプルな方法。夜は、洗顔料は使わず、クレンジングクリームとホットタオルの『蒸し美容』を続けています」

実は、肌を蒸すというメソッド。なんと60年来の習慣なんだそう。

「クレンジングクリームをティッシュで軽く拭き取った後、蒸しタオルを肌に当て、肌を柔らかくほぐしてから、タオルで拭き取るようにしているの。べたつきが残らず、汚れがスッキリと落ちるので、すすぎは必要ありません」

タオルの温度と蒸気で、毛穴が開き、奥に詰まった汚れが浮き上がりやすくなるだけでなく、血行促進効果も。血行がよくなり、透明感や、ハリが増すと、まさにいいことずくめ。

「年齢とともに、代謝や老廃物の排泄機能が衰えると、古い角質が、まるで枯葉がつもったような状態に。乾燥やくすみ、ゴワつきの引き金になります」


こすり落とすのではなく、肌をほぐして、汚れを浮き上がらせる「蒸し美容」。次に使う、乳液や化粧水の浸透がグンとよくなる、といいます。

蒸しタオルの作り方は、とても簡単。火傷しない程度の熱めのお湯にタオルを浸し、絞って肌にのせるだけ。ぽかぽか温かく、リラックス効果も抜群。

「洗顔時のこのひと手間で、肌は確実にきれいになりますよ」

夜は、クレンジングクリームをなじませ、ティッシュで軽く汚れを拭き取った後、蒸しタオルで肌を蒸す。1~2分後、タオルのキレイ な面で拭き取れば、ふんわり柔らか肌に。

夜は、クレンジングクリームをなじませ、ティッシュで軽く汚れを拭き取った後、蒸しタオルで肌を蒸す。1~2分後、タオルのキレイ
な面で拭き取れば、ふんわり柔らか肌に。

◎小林照子さん 美容家、メイクアップアーティスト/コーセー取締役を経て、1991年に美・ファイン研究所を設立。若手育成やセミナーなど、幅広く活躍。フロムハンドメイクアップアカデミー、青山ビューティ学院高等部校長。

 

『クロワッサン』900号(2015年4月25日号)より

文字サイズ