facebook instagram twitter youtube
ニュース

腸が汚れるって本当ですか? すっきりわかる食べ方Q&A

食べ物は腸へのメッセージ。何をどう食べれば腸をいたわり、きれいにすることができるのだろうか。
  • 撮影・谷 尚樹 文・石飛カノ

腸が汚れる=単なる便秘、ではない。最大の問題は大腸の機能が低下して、腸内環境が乱れること。これが「腸が汚れる」ということだ。

4万人以上の大腸内視鏡検査を行ってきた腸のスペシャリスト、松生恒夫さんによると、「便は本来、栄養が吸収された後の老廃物。それが適切に排泄されないと有害物質やガスが発生して、腸内環境が乱れます。有害物質は尿や汗からも排泄することができますが、約75%は便となって排泄されます。つまり、排便は最大のデトックスなんです」

ところが、40歳以降になると大腸の機能は徐々に衰えていく。40代の大腸の弾力性は20代の頃に比べると70%程度に低下しているという。

「有害物質やガスを便と一緒に出せれればいいのですが、排泄力が低下するとそれがうまくいかなくなる。すると腸壁から体内に吸収されて、最終的に汗や皮脂となって毛穴から排出されます。その結果、皮膚の細胞に負担がかかって肌荒れを起こしたり、汗とともに排出される際に体臭が発生することもあります」

また、腸には免疫細胞やリンパ球が集中しているので、腸内環境が乱れると免疫力の低下を招く。つまり腸が汚れると、感染症やがんなどのリスクも高まってしまうということ。

おなかが張る人、便秘気味な人は 腸内環境が乱れているかも。

残念ながら今のところ、自分の腸が汚れているかどうかを健康診断などでチェックする方法はない。

「ただ、お腹が張ってきたりガスが多くなってくると、腸内で便が腐敗している可能性があります。便秘気味かどうかも判断材料になります。理想は毎日排便があることですが、2〜3日に1度でも本人がつらくなければ問題ありません。ただ1週間に1度となると、これは要注意」

腸の汚れを解消する最大のポイントのひとつは、やはり食生活。極端に食事を減らしたり欠食したり、偏った食事で腸にストレスをかけないこと。間違った健康情報に左右されないことも重要だ。40代以降、排泄機能が衰えてくるからこそ知っておきたい、腸をキレイにする食事の心得とは?

1 2 3
文字サイズ