くらし
ニュース

軽さ、吸引力、取扱いやすさ。コード付き掃除機の賢い選び方。

掃除機1台では思うようにはかどらず、ストレスになっていませんか?「2台持ち」で、賢く効率の良い掃除を。
  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子

多種多様なものが出回っている掃除機。実際、自分の家を効率よく掃除するのに、どんなタイプを使えばいいのか、迷う人は多いのではないだろうか。

「普段使っているのは、コード付き掃除機1台。部屋を移動するたびにコンセントを抜き差しするのが面倒で、ついコードを無理に引っ張ってしまうこともありますね」

そう話す西家ヒバリさんに、今回の案内役・戸井田園子さんがこんなことを教えてくれた。

「今や掃除機の2台使いは、掃除を楽に、短時間でするための必須条件。1台だけで全てを満たしてくれるというタイプは今のところ存在しないんです。自宅の特徴や、自分の性格などを考えたうえで、どの2種類を選べばいいのか、決めるといいですよ」

まずは下のチャートに従って、自分の家に合う2台を見つけよう。その上で、家のタイプや好みにあったものを選びたい。ちなみに、戸井田さんによると、西家さん宅は、「ロボット掃除機とコードレス掃除機の2台が基本。日々の掃除はロボットに任せ、階段や気になる隙間のホコリなどは、コードレスでさっと掃除するといいでしょう。ただ、西家さんのお宅は広いので、持ち運びしやすい軽量のコード付き掃除機を加えた3台持ちが安心かもしれませんね」

今回、戸井田さんがおすすめする、コード付き、コードレス、ロボットの3タイプの掃除機を試した西家さん。

「それぞれに得意なことがあるんですね! うまく使い分けをすれば、掃除にかける時間が短縮できそうです」

コード付き掃除機は、自分の優先順位を考えて選ぶ。

日本ではお馴染みのコード付き掃除機。時間が無制限に使えることと、電力を直接供給するので、パワーがあることがメリットだ。

「集塵方式には、昔からある『紙パック式』と、『サイクロン式』の2通りがあります」と、戸井田さん。

吸ったホコリを本体内部の紙パックに集める紙パック式は、パックごと捨てればよいので楽だが、ゴミが溜まるにつれ、吸引力が弱くなるという弱点も。一方、サイクロン式は遠心力でホコリと空気を分離する仕組み。吸引力は落ちず、紙パックも不要だが、ダストカップに溜まったゴミを捨てるときにホコリが舞いがち。ゴミを触りたくない人や、ホコリアレルギーの人は紙パックのほうがおすすめだ。

「その他、重さや吸引力なども選ぶ基準に。さらに最近、欧米では主流の、ホースがなく、本体の下部から直接ゴミを吸い取る『アップライト式』も登場。自分の体格や掃除スタイルなどに合わせて選びましょう」(戸井田さん)

●パナソニック紙パック式掃除機 MC-JP520G

「 世界最軽量2 ㎏の本体なら、 階段の持ち運びも 楽々」。

持ってみると、驚くほどの軽さ。「階段のある家や、小柄な人、体力のない人にぴったり」と戸井田さん。紙パック式なので、本体のメンテナンスはほぼ不要。シンプルなデザインもいい。

本体質量2㎏という驚きの軽さ。「ノンスリップローラー」採用で、引き回しもスムーズにできる。5万5000円前後※編集部調べ(パナソニック お客様ご相談センター☎︎0120・878・365)

●ダイソン アップライト式掃除機 dyson small ball

コード付きとコードレスの「いいとこ取り」を実現。

10月に発売されたばかり。「『長時間掃除したいが、コード付きだと背後で本体をひきずって家具を傷つけたりするのが嫌』という人に向いています」と戸井田さん。自立するのもうれしい。

ヘッドと本体をつなぐ球体部分が、柔軟な動きを可能にする。収納時の高さが約80㎝なのでコンパクトに収納できるのも魅力。5万円前後※編集部調べ(ダイソンお客様相談室☎︎0120・295・731)

本体の持ち手を引き抜くと、伸縮式のホースが。手元で専用のアタッチメントに付け替えられ、高い場所も掃除できる。

●三菱電機 サイクロン式掃除機 風神TC-ZXF30P

家具のすき間や裏のホコリも「掃き出して」掃除できる。

コンパクトながら、強い吸引力。排気を利用して家具のすき間などのホコリを掃き出す「エアブロー機能」は、「網戸やサッシの間のゴミや虫を取るのにも活躍します」(戸井田さん)。

独自のサイクロン構造や高性能フィルターにより、排気もきれい。ふとん掃除ができる専用ブラシも付属。8万3000円前後※編集部調べ(三菱電機お客様相談センター☎︎0120・139・365)

ホコリの溜まりやすいカーペットも、強い吸引力できれいにできる。「あまり力を入れず、楽に動かせますね」と、西家さんも満足そう。

ピアノの裏のホコリを「エアブロー機能」で掃き出し。「こんなにたくさん溜まっていたなんて!」

『クロワッサン』939号より

●西家ヒバリさん 神奈川県生まれ。大学時代にしりあがり寿さん(夫)に出会い、ギャグ漫画家に。著書に『ワケあり家族』(共著)など。2児の母。

●戸井田園子さん インテリア&家電コーディネーター。情報サイト「オールアバウト」をはじめ、各メディアで、わかりやすい家電製品情報を発信中。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE