くらし

若く見えるっていうのは、肉体的なことでなく、前向きに生きていくことからくると思いますよ――渡部伊曽子(舞踊研究家)

1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、若々しくあるための心構えに耳を傾けてみましょう。
  • 文・澁川祐子
1978年7月10日号「あなたの感覚年齢は?」より

若く見えるっていうのは、肉体的なことでなく、前向きに生きていくことからくると思いますよ――渡部伊曽子(舞踊研究家)

前回に続き、「感覚年齢」を問う特集からの名言です。数人の女性のインタビューが掲載されていますが、そのなかで目を引いたのが、舞踊研究家の渡部伊曽子さんの言葉です。

この言葉は、渡部さんが88歳で亡くなったというお母さんを見ていて感じたことだと語ります。老人性白内障を患い、目が不自由になっていたにもかかわらず、絵を描くのが好きで、クレヨンや墨を使ってせっせと描いていたお母さん。習ったことは一度もなくても、我流で自由に表現し、毎日を楽しんで生きる姿に、若々しくいるための秘訣を見出したのです。

たしかに私の経験からいっても、70代、80代を超えて元気に活躍している女性に取材すると、みなさん総じてパワフル。「あれがしたい」「あそこに行ってみたい」と好奇心旺盛です。病気になったり、体力が衰えてきたりすると、誰しも気持ちも後ろ向きになりがちですが、それを吹き飛ばすだけの楽しいこと、夢中になれることを、状況に応じてみつけられるかが大切なのだとしみじみ思います。

渡部さんのインタビューで、もうひとつ心に残ったのは、以前聞いたという「伝統というのは、模倣することではなく、追求していくものだ」という言葉。人間がつくりだす文化もまた人と同様、前向きな力によって生気あふれる魅力を放つようになるのでしょう。

※肩書きは雑誌掲載時のものです。

澁川祐子(しぶかわゆうこ)●食や工芸を中心に執筆、編集。著書に『オムライスの秘密 メロンパンの謎』(新潮文庫)、編著に『スリップウェア』(誠文堂新光社)など。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE