くらし

お米農家やまざき、山﨑 宏さん・瑞弥さんが惚れ込んだ、「おいしい」を生む道具と器。

日々の料理の頼もしい相棒、食卓を演出するのに欠かせないものとは。それぞれのライフスタイルに合った、愛用の道具や器を紹介します。
  • 撮影・徳永 彩 文・嶌 陽子

あまたの道具を使い比べ、おいしさや便利さをとことん追求。

山﨑 宏(左)・瑞弥(右)(やまざき・ひろし、みずや)さん●お米農家やまざき

お米農家の山﨑宏さん・瑞弥さん夫妻はレシピ本も出すほどの料理上手。自宅の台所は、さまざまな調理道具でいっぱいだ。一つずつ清潔に保たれた姿から、道具への深い愛情が伝わってくる。

「好きな道具があると、家事も楽しくなるし、お手入れも心を込めてできるんです」と瑞弥さん。買い物をする時は一人で決めず、必ず宏さんに「これを買うと、どう役立つか」をプレゼン。

「言葉にすると自分の思考も明確になりますしね。2人の子どもも、『欲しいものがある時はプレゼン』が決まり。買うまでのそんな過程も楽しいんです」

それにしても、瑞弥さんの道具への探求心には驚くばかり。

「お米を買ってくださるお客様に聞かれることも多いので」

と、炊飯鍋は土鍋だけで15個。圧力鍋、鋳物鍋、アルミ鍋など50個以上所有し、試してきたという。数多くの道具を使い比べてきたからこそ、おすすめの道具を語る言葉には、誰にも負けない強い説得力がある。

山﨑家のごはんができるまで。

1.まずは米を計量し、洗米、浸水、水切り。

米の計量は5年ほど前から愛用している琺瑯ライスカップ(cotogoto TEL.03-3318-0313)で。「見た目がよく、プラスチック製と違って米がくっつきません」。またたびの米とぎざる(jokogumo(よこぐも) https://www.jokogumo.jp)は

「あたりが柔らかく、米粒が割れません」。

この中で優しく、洗うように米をとぎ、1時間ほど浸水させてから5分ほど水を切る。

2.土鍋に米と水を入れ、 炊飯スタート。

圧力鍋は時短の頼もしい味方。忙しい山﨑家では圧力鍋も毎日活躍中。「浸水0分、加熱5分、蒸らし5分の合計10分で、とびきりおいしいご飯が食べられます」。フィスラーの圧力鍋を愛用。
圧力鍋は時短の頼もしい味方。忙しい山﨑家では圧力鍋も毎日活躍中。「浸水0分、加熱5分、蒸らし5分の合計10分で、とびきりおいしいご飯が食べられます」。フィスラーの圧力鍋を愛用。

「15個土鍋を試した結果、一番安定しておいしく炊ける」という三重・伊賀の『やまほん陶房』(ギャラリーやまほん TEL.0595-44-1911)の土鍋。「蓋に蒸気抜き用の穴があいていないので、圧力や水分が抜けず、粒感のあるご飯になります」。東京・かっぱ橋道具街で購入した『日本メタルワークス』のステンレス製計量カップは、1000cc用なので一度で水を計量できる。

3.沸騰したらかき混ぜる、これがおいしさの秘訣。

強火にかけて、沸騰する音が聞こえたら蓋をあけて、木べらで1〜2回かき混ぜる。「米を踊らせ、均等に熱を通すことにより、おいしさがアップします」。長野県松本市の『大久保ハウス木工舎』の杓文字は持ち手がちょうどよい太さで手にしっかりおさまる。その後、蓋をして弱火で4〜5分。写真右上にあるのは『omoto』の柿渋染めの鍋つかみ(jokogumo)。

4.炊き上がったご飯を10分ほど蒸らして完成。

炊き上がったら蓋をしたまま10〜15分蒸らす。稲わらの鍋敷きは宮崎・高千穂郷の『わら細工たくぼ』のもの(カゴアミドリ https://kagoami.com/)。高さがあるのでクッション性にすぐれ、置いた台も熱くなりにくい。ちなみに、「いろいろ試した結果、炊飯鍋は直径と深さが同じ寸法のものが、米がよく踊り、おいしく炊けると思います」。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE