くらし

わかめスープ【コウ静子さんに教わる薬膳ベースの韓国料理レシピ】

豆、ごま、海藻は韓国でもなじみの食材。薬膳ベースの韓国料理が人気のコウ静子さんに使い方を教わった。
  • 撮影・柳原久子 文・小沢緑子

炒めたわかめをたっぷり。 飲むより食べるのが本場の味。

【材料(4人分)】 
わかめ(乾燥)約8g、あさり300g、酒・水各大さじ3、ごま油大さじ1/2、だし汁(昆布)2と1/2カップ、おろしにんにく少々、塩小さじ1/3、しょうゆ小さじ1、生赤・青とうがらし(小口切り)適宜

【作り方】
1.わかめはたっぷりの水に5分ほどつけて戻し、水気を絞って食べやすく切る。
2.あさりは砂抜きをし、殻をこすり合わせて洗う。鍋に入れて酒・水を回し入れ、フタをして強火にかけ口が開いたら取り出し、蒸し汁をこす。
3.鍋にごま油を熱し、1を加えてさっと炒めて取り出す。
4.3の鍋に2の蒸し汁、だし汁、おろしにんにくを入れて煮立て、塩で調味する。取り出したわかめ、あさりを加えてひと煮し、しょうゆを入れたら火を止める。
5.器によそい、好みで生とうがらしを散らす。

コウ静子(こう・しずこ)●料理家。国際中医薬膳師。毎月、料理教室を開催(メール info@eirinskitchen.com)。講演会出演、韓国の白磁作家などの器の展示会プロデュースも行う。

『クロワッサン』997号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。