くらし

【島田歌穂さん×井上芳雄さん 対談】喉をベストに保ち、舞台に立ち続けるふたりの努力とは。

  • 撮影・青木和義 スタイリング・鈴木美夏(島田さん)、 吉田ナオキ(井上さん) ヘア&メイク・天野広子(島田さん)、 イオギユミ(井上さん) 文・今井 恵

喉のために常備するものとは? ソニンさんの楽屋はすごい!?

井上 喉のために常備しているものってありますか?

島田 公演中は加湿器と吸入器とマスクを用意することぐらいかな。あと抗炎症効果のある薬も常備していない?

井上 ああ、持っています。でも人によっては、見たこともないのど飴とかを持っている人がいますよね。ドイツでしか売っていないものとか。僕ももらったんですけど、ドイツ語だから何に効くのかわからなくて(笑)。『モーツァルト!』で共演したソニンは、いろいろなものを持っていましたよ。

島田 ソニンの楽屋はすごいよね。

井上 耳鼻咽喉科みたい(笑)。

島田 部屋中にスチームがモクモク。

井上 のど飴にも詳しくて「これ、効くよ〜」って。歌いながら舐められるものもあったりして、もう完全に専門家でした(笑)。

島田 私も若い頃はそれなりに喉が強いと思っていたんだけど『レ・ミゼラブル』のロングラン公演中、初めて喉を潰しました。人間ってダメになる時があるんだなと知りました。

井上 でも歌穂さんは発声がいいから、滅多に喉を潰さないんだと思います。もちろん風邪とか抗えないものはあるにせよ、喉を潰す人は大概発声法に問題があって、喉を消耗させる歌い方で、最後に潰しちゃうんだと思います。

島田 とにかく風邪は大敵。一気に声帯にくるので、公演中はナーバスになります。でも芳雄さんは声が出なくなったことなんて、ないんじゃない?

井上 僕は『モーツァルト!』の初演の時に一度、風邪を引いてカスカスの声で歌ったことがあります。もちろん調子が悪い時もありますが、なんとかやっています。でも歌穂さんは本当にすごい。共演した『ナイツ・テイル』の地方公演の時も、夜はまっすぐホテルに帰り、部屋にこもり、管理している。

島田 いやいやいや、喉が怖いんで。

井上 本当に意志が強い! 僕や(堂本)光一くんは毎晩飲みに行っていたもの(笑)。今日は調子が悪い、絶対に飲まないほうがいいという日もあるんだけど、飲んじゃう。「あ、やばい、俺、飲んでる!」ってドキドキしながら飲んでいるんです。じゃあ、飲むなよって(笑)。

島田 九州男児ですからね。

井上 でも歌穂さんのお誕生日には、一緒に串揚げ屋さんに行きましたよね。体調管理で外出しないのは承知していたんですが、僕と光一くんで「せっかくお誕生日なんだから誘おうか」って相談したんです。

島田 あれ、本当にうれしかった! 光一さんと芳雄さんに「歌穂さん、お誕生日を祝うことは大事なんですよ」と言ってもらって。

井上 シャンパンが出てきて、もう飲むしかないだろうって雰囲気になったのに、歌穂さんは死ぬ気で飲まなかった(笑)。本当にえらかったですね。

島田 おふたりと乾杯できただけで幸せでした。そしてこの一年もいい一年にするぞ! と元気をいただきました。

井上 さっき聞いたんですが、40代、50代の女性の間で、歌のレッスンに通うことが流行っているそうですよ。

島田 それはいいことですよね! 歌はお腹から声を出すから、呼吸が浅い現代人にはぴったりの健康法。深い呼吸を繰り返すだけでも、体にいいはず。

井上 確かに持って生まれた声帯の質もあるけれど、歌はきちんと発声法を学んだほうが絶対にうまくなる。声帯は筋肉だから、訓練して鍛えれば、そのぶん単純に声が出やすくなるし。歌うってことは、体を楽器にして共鳴させることですからね。

島田 確かに。たとえば人間はあくびをする時に一番喉の奥が開くんです。だから歌う前の喉のストレッチのひとつとしてあくびは効果的なんです。

「足は地に生えているかのようにしっかり立ち、お腹から声を出しましょう。喉はあくびの時に開く感じをイメージして」

井上 あと赤ちゃんの泣き方ですよね。赤ちゃんはずっと泣いていても声が枯れない。でも赤ちゃんの泣き方を覚えている人はいないか(笑)。そして声には精神的なものも影響します。緊張すると喉が開かないとか、うまく息が吸えないとか。だから上手に歌うためには、まずリラックスすること。自然でいられる方法を見つけることが一番です。

島田 そうですね。それに歌を歌うと感情が豊かになります。歌詞をどう伝えようかと考えたり、歌いながら心がウキウキしたり、悲しくなって涙が出ることも。

井上 年齢を重ねると人は感情が豊かになるから、歌を歌うことで今までの人生とかを振り返り、思い出せるんじゃないですか?

島田 お子さんに歌いかけて、すごくやさしい気持ちになるのもいいですね。一曲歌うごとにいろいろな感情が湧き出ます。

井上 いいですね。僕は歌穂さんのグリザベラ(『キャッツ』の配役。“メモリー”を歌うことで有名)が観てみたいなあ。地声であの音域が出る人はなかなかいないから、ぜひ聞いてみたい。
島田 わあ。芳雄さんのリクエストなら、いつでも歌いますよ!

島田歌穂 「Musical, Musical, Musical!!」
「聴く」「学ぶ」「歌う」ことで、“ミュージカル”を感じる、体験型イベント。

エリザベス女王の前でも歌を披露した島田歌穂さんによるコンサートは、『レ・ミゼラブル』『アラジン』などから、人気の名曲ぞろい。また、島田さんがいつも実践している発声法で“歌う楽しさ”を学び、さらに全員でミュージカルの名曲を歌いあげるという、新しく特別な時間を体感できるイベント。

8月7日(水)14時開演 会場:東京・サントリーホール ブルーローズ 全席指定7,800
円 チケット一般発売:6月14日(金) [問]チケットポート TEL.03-5561-9001(平日10時〜18時)

島田歌穂(しまだ・かほ)●女優、歌手。’87年『レ・ミゼラブル』でオリジナルキャストとして脚光を浴び、世界ベストキャストに選出。女優、歌手として活躍し、今年デビュー45周年。大阪芸術大学教授。

井上芳雄(いのうえ・よしお)●俳優。1979年生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。6〜8月は東京・帝国劇場にて『エリザベート』が再演。6月10日、第73回トニー賞授賞式の生中継をスタジオでナビゲート。

カットソー(トゥモローランド/トゥモローランド TEL.0120-983-522)(井上さん)

『クロワッサン』998号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。