くらし

元祖ヘタウマが集結!ゆるさの奥に本質を見る。府中市美術館 『へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで』

  • 文・知井恵理
春叢紹珠《皿回し布袋図》「皿を支える棒の1本線の太さ、濃さ、力の入り具合が、すべてバッチリ!!」

人は、美しいものや完璧なものに感動する一方、不格好だったり不完全だったりするものにもなぜか魅力を感じることがある。そんな“へそまがりな感性”に響く中世から現代までの日本美術を集めた本展。

「僕自身、かなりヘタウマと呼ばれてきましたが、そのご先祖たちを見せていただいた気がします(笑)」

と、しりあがり寿さん。

徳川家光《兎図》(部分)「線が極細で、作者の繊細さが前面に出ていますが憎めない絵。ぐっときますね(笑)」

たとえば、中世の曹洞宗の僧侶・雪村周継(せっそんしゅうけい)が描いた水墨画の布袋様は、子どもとじゃれあうなか、引きつった表情を浮かべる人間味あふれる絵。

「同じ16世紀頃、西洋ではルネサンスを経て“どうだ!”と言わんばかりの美男美女や美しい神々を描いていたのに比べ、日本画は『なぜ、これ?』的な“はぐらかし感”がありますよね。それぞれ、リアリティのとらえ方が違う。日本では、目に見えるものを実写的に描くのではなく、気配や本質を描くのが特徴かな」

伊藤若冲《福禄寿図》若い頃の作品。「世に出る存在になるには、他人が及ばないほどキャラが立ったものを描かないと」

江戸時代後期の臨済宗の僧・春叢紹珠(しゅんそうじょうじゅ)が描く布袋様にいたっては、なぜか皿回しをしている! その飄々たるおとぼけ感がたまらないのだが。

「よく見ると筆運びが非常にスムーズで、技術は高いんじゃないかな。もちろん、こうして狙っておとぼけにした作品だけではなく、“かっこよく描こうと思ったけど描けなかったんだろうな”というものもありますけどね(笑)。実は、世の中の作品のほとんどがこちら側。完璧な絵を描こうなんておこがましい。むしろ偶然から生まれる良さもあると、教えてくれます」

仙厓義梵《十六羅漢図》臨済宗の僧の作品。「線が速く、墨だまりが一切ない。執着なく描いているのが伝わってきます」

徳川家光の『兎図』も、「決してうまいとは言えないけど、妙に惹かれる」としりあがりさん。

「“へそまがり”な作品は、数学で言う微分な感じですよね。絵から作者の人となりがにじみ出ていて、絵が揺らぐというか、平面のその先がある。鑑賞する視点がひとつ増えるのも楽しみのひとつだと思います」

ゆるさ、おかしさの連続で、鑑賞後は心地いい脱力感が味わえる。

「後世の人にも見せてみたいですね。AIが分析不能な絵が集合していますから(笑)。人間が描いたもののうち、美術館に残せるのはほんのわずか。でも、国宝以外にも、へそまがりくらいも残したいですよね」

 『へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで』
府中市美術館 〜5月12日(日)
東京都府中市浅間町1-3 TEL.03-5777-8600 営業時間:10時〜17時(入場は16時30分まで) 休館日:月曜(4月29日、5月6日は開館)、5月7日 料金・一般700円 https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

しりあがり寿さん
しりあがり・ことぶき
漫画家。5月3〜6日にイベント「ずらナイト」を静岡市の『ガーデンカフェ ライフタイム』で開催する。

本記事が掲載されている、『クロワッサン』996号「むくみとたるみの解消法。」が発売中!
女性のにっくき二大悩み「むくみ」と「たるみ」の解消方法を探りました。
第2特集は、「夏だからこそ、楽しめる! 大人の、安くて使える服自慢」です。
詳しくはこちら

『クロワッサン』996号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE