くらし

【豊洲市場】移転から半年、話題の豊洲市場のグルメ&買い物ツアー体験記。

  • 撮影・谷 尚樹 文・嶌 陽子 イラストレーション・クレメンス・メッツラー 資料提供・AFLO

伊藤ウロコ

白底付半長、通称「白ウロコ」9,250円。
オリジナルのTシャツ3,000円。
「A4ノート」バッグ2,000円。
白底付半長、通称「白ウロコ」9,250円。
オリジナルのTシャツ3,000円。
「A4ノート」バッグ2,000円。

街歩きにも使える長靴の名品。

長年、市場で働く人々に愛されてきた長靴の名店。20種類ある長靴はそれぞれ用途に合わせ素材や靴底の形状が異なる。プロ御用達の店だが、天然ゴムを使った通称「白ウロコ」はスタイリッシュなデザインや疲れない履き心地で、アウトドアや雨の日にちょうどいい。Tシャツやバッグなどのオリジナル商品も充実している。

関係者だけでなく、一般見学者も必ず覗く豊洲の顔。

水産仲卸売場棟(6街区)4F魚がし横丁内 TEL.03-6633-0464 営業時間:8時〜14時30分頃

寿司大(すしだい)

おまかせセット4,500円。新鮮なネタのおいしさを最大限に味わえる。
魚が旨い、石川県出身の嶽さんも納得の味。活気溢れる板場。
おまかせセット4,500円。新鮮なネタのおいしさを最大限に味わえる。
魚が旨い、石川県出身の嶽さんも納得の味。活気溢れる板場。

2時間待ちは当たり前の大人気店。

築地時代から行列の絶えない店として有名。移転後もその人気は健在だ。市場で仕入れたばかりのネタを1貫ずつ丁寧に握ってくれる。「おまかせセット」は旬のネタを使った9貫と巻物、卵焼きに加え、最後はサービスで好きな1貫を選べる大満足の内容。親切な接客も人気で、常に2〜3時間待ち。お昼前に受付終了することも多いので、お早めに。

水産仲卸売場棟(6街区)3F関連飲食店舗 TEL.03-6633-0042 営業時間:5時30分〜14時(受付締め切り次第終了)

センリ軒

コーヒー420円。ヒレカツサンド800円とミルコーソフトクリーム450円はテイクアウトも可能。シンプルな味にほっとする。

3代にわたって市場を支える喫茶店。

日本橋に魚河岸があった大正初期に創業。ほっとする空間の中、コーヒーやシチューなどの気軽なメニューを楽しめる。人気のヒレカツサンドは3代目である現社長が考案。肉厚なヒレカツにカラシとソースがほどよくきいている。さっぱりとした甘さで、どこか懐かしい味の「ミルコーソフトクリーム」は豊洲に移転してからのメニュー。ぜひ試したい。

忙しない空気が流れる市場の中、ここはひと時くつろげる店。

嶌 陽子(しま・ようこ)●ライター。本誌をはじめ、女性誌などで取材・執筆。子どもの頃から食べることが大好き。

嶽 まいこ(だけ・まいこ)●漫画家。著書に『なんてことないふつうの夜に』(祥伝社)など。イラストレーターの顔も持つ。

『クロワッサン』995号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE