くらし

【豊洲市場】移転から半年、話題の豊洲市場のグルメ&買い物ツアー体験記。

  • 撮影・谷 尚樹 文・嶌 陽子 イラストレーション・クレメンス・メッツラー 資料提供・AFLO

天房(てんふさ)

この日の天丼のネタは海老、きす、芝海老、帆立、ヤリイカ。
アットホームな雰囲気の店。大将が丁寧に天ぷらを揚げる姿が見える。
この日の天丼のネタは海老、きす、芝海老、帆立、ヤリイカ。
アットホームな雰囲気の店。大将が丁寧に天ぷらを揚げる姿が見える。

新鮮な魚介をさくさくの天ぷらで。

市場内で人気の天ぷら専門店。店内に入ると、揚げ油のいい香りに食欲がそそられる。新鮮な素材を丁寧に揚げる天ぷらは、さくさくの衣と特製だれの相性がばつぐん。5種類ほどのネタが日替わりの「本日の天丼」1,600円は、食べ応え満点。そのほか、まぐろの刺し身に天ぷらの小鉢がついた「まぐろ定食」1,100円も人気メニューだ。

青果棟(5街区)1F TEL.03-6633-0222 営業時間:7時〜14時(材料なくなり次第終了)

築地正本(つきじまさもと) 豊洲市場店

魚用、肉用、野菜用など、多様な包丁に目を奪われる。
熟練の職人が包丁を研いでいる姿を見るのも楽しい。
魚用、肉用、野菜用など、多様な包丁に目を奪われる。
熟練の職人が包丁を研いでいる姿を見るのも楽しい。

一生ものの包丁がきっと見つかる。

築地に本店を構える包丁の専門店。プロの料理人向けのものから家庭用まで、幅広く取り扱っている。さまざまな形の包丁がずらりと並んだ様子は圧巻だ。一流の料理人にも愛用者がいるだけあり、その品質は折り紙付き。家庭用の三徳包丁は1万500円からで、名入れも可能。他の店で買った包丁でも2〜3日で研いでもらえるのもうれしい。

水産仲卸売場棟(6街区)4F魚がし横丁内TEL.03-6633-0507 営業時間:6時〜14時頃

茂助(もすけ)だんご

茂助だんごミックス4本722円(税込)。店内で食べる場合、お茶代120円が別途必要。
「玉ぞう」651円(税込)。ふわふわ卵のお雑煮はやさしい味。
茂助だんごミックス4本722円(税込)。店内で食べる場合、お茶代120円が別途必要。
「玉ぞう」651円(税込)。ふわふわ卵のお雑煮はやさしい味。

お茶休憩やお土産探しにぴったり。

名物のだんごが人気の和菓子店。野点傘が目を引くイートインコーナーは、散策の途中にお茶や甘味でほっとひと息つくのにちょうどいい。卵の雑煮や玄米のだし茶漬けはここでしか食べられないメニュー。店頭にはだんごや大福のほか、上生菓子や柏餅、水ようかんなど、季節感あふれる和菓子がぎっしりと並び、ついお土産に買って帰りたくなる。

店頭に積み上げられた和菓子の数々。赤飯やおこわなどもある。

管理施設棟(7街区)3F TEL.03-6633-0873  営業時間:5時〜15時

KOTOBUKIフーズインターナショナル

世界各地の、さまざまな種類のチーズが並ぶ。お店の一推しはコンテとパルミジャーノ。
りんごとイチジクを使ったマスタードはチーズのお供。
世界各地の、さまざまな種類のチーズが並ぶ。お店の一推しはコンテとパルミジャーノ。
りんごとイチジクを使ったマスタードはチーズのお供。

世界各地の「旬のチーズ」が揃う。

ヨーロッパをはじめ、世界各地のチーズを扱う店。提携生産者からホールのまま輸入し、店頭でカットしているため、鮮度は抜群。「旬のチーズを楽しんでほしい」との考えから、季節に合わせて品揃えを変えているのも特徴。どれもが、これまでのチーズ観を覆すほどのおいしさだ。一緒に合わせる食材やお酒も揃い、チーズの世界を丸ごと堪能できる。

水産仲卸売場棟(6街区)4F魚がし横丁内 TEL.03-6633-0380 営業時間:5時〜13時

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE