くらし

【ほなが汁鍋・汁を楽しむ小鍋】京都の知恵と工夫を、小鍋にぎゅっと、閉じ込めて。

京都の底冷えする冬に鍋料理は欠かせない。当地ならではの食材を使い、簡単でおいしい小鍋を提案してもらった。
  • 撮影・青木和義 文・大澤はつ江

ほなが汁鍋

●小平さんから一言●
切干し大根のシャキシャキ感とこっくりした八丁味噌が絶妙。

凝縮された旨みが生きる切干し大根を、味噌汁仕立てでいただく。

【材料(作りやすい分量)】
切干し大根(乾燥)20g、油揚げ30g、三つ葉適量、だし500ml、八丁味噌20g、粉山椒適量

【作り方】
1. 油揚げは細切りに、三つ葉はざく切りにする。
2. 鍋にだしを張り、切干し大根、油揚げを加えて蓋をし、火にかける。
3. 蒸気が立ったら蓋を取り、八丁味噌を溶き入れる。火を止めて三つ葉を散らし、粉山椒を振る。

切干し大根は戻さずに鍋に入れる。長い場合はハサミでカットして。

※だしは、昆布と鰹で引いた合わせだしを使用しています。

小平泰子(こひら・やすこ)●料理家。おばんざいの知恵や始末の心を取り入れた料理が人気。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰する。

『クロワッサン』988号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE