くらし

和菓子ユニット「ユイミコ」に教わる、粒あんの作り方。

和菓子は店で買うものと思いがちだけれど、実は料理感覚で手軽に作れます。できたての格別のおいしさを家庭でも。身近な材料と道具でできる和のおやつレシピ、まずは基本の粒あんの炊き方から教わります。
  • 撮影・中垣美沙 スタイリング・坂上嘉代 文・黒澤 彩
ユイミコ(和菓子ユニット)

和菓子は身近なおやつなのに、手作りする習慣がない人も多いのでは? 和菓子作りのワークショップが人気のユニット「ユイミコ」の2人に、基本の粒あんの炊き方と、初心者にも作りやすい7品を教えてもらった。

小坂歩美さん(以下、小坂) 和菓子は、日本の伝統と季節を表現できるところが魅力だと思います。日本のお菓子なのに、例えばぎゅうひをどうやって作るのか想像もつかないっていう人も多いんですよね。意外と簡単です!

大森慶子さん(以下、大森) そうそう。家にある普通の調理器具で作れるんですよ。スーパーで買える材料ばかりで、分量もそれほど正確じゃなくてもだいじょうぶ。鍋を火にかけたりする工程が多いから、料理の感覚に近いかもしれませんね。油を使わないので洗い物が簡単なのもいいところ。

小坂 初めてなら、まずは粒あんを炊いてみるのがおすすめ。いろいろなお菓子に使えてバリエーションを楽しめるし、たくさん作って冷凍保存できます。もちろん白あんも作れますが、今回のレシピでは市販のものを使いました。製菓材料店で手に入ります。

大森 あと、できたてがおいしい!というのは声を大にして言いたいです。それが手作りする醍醐味でもあると思うので、作ったらすぐ味見するのがいちばんの楽しみ(笑)。ぜひ、できたてを味わってみてください。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE