くらし

【桜ミルクの変わりしるこ】身近な材料と道具でできる!「ユイミコ」の和のおやつレシピ。

和菓子は店で買うものと思いがちだけれど、実は料理感覚で手軽に作れます。できたての格別のおいしさを家庭でも。和菓子ユニット「ユイミコ」の二人に作り方を教わりました。
  • 撮影・中垣美沙 スタイリング・坂上嘉代 文・黒澤 彩

桜ミルクの変わりしるこ

白あんと牛乳の組み合わせは相性抜群。ピンク色に染めた白玉と桜花がとびきり春らしく、おもてなしにもぴったりの一品。気分は春、でもまだちょっと肌寒い日に食べたくなるような、ほっと和む味わい。

【材料(2人分)】
白こしあん(市販) 120g
牛乳 100ml
白玉生地(別ページ参照)適量
着色料(赤)少量(湯少々で溶く)
桜花の塩漬け 6~8個

【下準備】
・桜花の塩漬けを10分ほど水に浸けて、塩抜きをしておく。
・白玉生地を練って、少量の赤い着色料を混ぜてピンク色に染め、ちぎって丸め茹でておく。

(1)白こしあんと牛乳を鍋に入れて火にかけ、沸騰させないように温めながらあんを溶かす。
(2)ピンク色の白玉を入れる。
(3)桜花の塩漬けは飾り用に2個だけより分けておき、残りは軸を取って花びらだけを鍋に入れ、混ぜる。器に盛り、桜花を浮かべる。
(1)白こしあんと牛乳を鍋に入れて火にかけ、沸騰させないように温めながらあんを溶かす。
(2)ピンク色の白玉を入れる。
(3)桜花の塩漬けは飾り用に2個だけより分けておき、残りは軸を取って花びらだけを鍋に入れ、混ぜる。器に盛り、桜花を浮かべる。

ユイミコ●小坂歩美さん(こさか・あゆみ、左)と大森慶子さん(おおもり・けいこ、右)によるユニット。和菓子作りのワークショップのほか、イベントにも出展。著書に『道具なしで始められる かわいい和菓子』(講談社)など。

『クロワッサン』990号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。