くらし

【平澤まりこさんのせり豚みぞれ鍋】手早くできて満足度充分、料理上手の「我が家の鍋」。

テレビでお馴染みの料理のプロや、美味しいもの好きのあの人に。親しい人たちと囲んでいる「ウチのいつもの、普段着鍋」を聞きました。
  • 撮影・黒澤義教 文・河野由紀

平澤まりこさんのせり豚みぞれ鍋

「レタスも大根もたっぷり使用。ごま油の香りも食欲をそそります」

「お肉も芹も美味しいですが、汁物好きの私にとっては、実はこの鍋は、大根の旨味と栄養が余すところなく入ったスープが主役かもしれません」
レシピの元は、友人宅で食べた水炊き風の鍋。器で味をつけ、大根おろしを添えて食べるスタイルだったそう。
「そのときの、大根おろしが溶けたスープが本当に美味しくて。ならば鍋に大根おろしを入れ、調味もしてしまえば、もっとスープをたっぷり飲めるのではと思い、作ったのがこの鍋です」
食していると、ときおり訪れる粗みじん切りにした生姜のポリッとした食感が楽しい。生姜の風味もふわっと広がり、体が芯から温まります。
「とろみのあるスープを最後まで楽しみたいので、シメのお餅は焼き餅にし、大根おろしをしっかり絡める。もちろんスープは全部飲み干します」

1. 大根おろしはボウルいっぱい、たっぷり用意する。
2. にんにくと生姜は、食感も楽しみたいので、粗みじん切りに。
3. 大根おろしは水分ごと鍋へ。栄養を余すところなくいただく。
4. 具材の上に肉を並べたら、ごま油をかけ、風味をプラス。
1. 大根おろしはボウルいっぱい、たっぷり用意する。
2. にんにくと生姜は、食感も楽しみたいので、粗みじん切りに。
3. 大根おろしは水分ごと鍋へ。栄養を余すところなくいただく。
4. 具材の上に肉を並べたら、ごま油をかけ、風味をプラス。

【材料(2〜3人分)】
芹1把 豚肉しゃぶしゃぶ用(バラ)200g 大根1/2本 にんにく1かけ 生姜1かけ えのき・しめじ各1/2パック レタス1/2玉 かつおだし500ml ごま油小さじ2 酒大さじ3 醤油小さじ2 塩小さじ1・1/2 すだち適宜

【作り方】
1. 大根は皮をむいておろす。大さじ2杯分ほどシメ用に取り分け、水分を切っておく。にんにくと生姜は粗みじんにする。芹は根本を切り落とし、長さ5cmくらいに切る。きのこは石づきを切り落とし、ほぐしておく。レタスは食べやすいサイズにちぎる。
2. 鍋にごま油を入れてにんにく、生姜を熱し、香りが出たらきのこを加えて軽く炒める。
3. 2にかつおだし、大根おろし(汁ごと)、酒、塩を入れて中火にして煮立たせ、醤油を加える。
4. レタス、芹の順に加え、肉をその上にのせ、ごま油少々(分量外)をかける。
5. 器に盛り、好みですだちを搾る。

《シメはこれ!》

器に焼き餅、取り分けておいた大根おろし、スープを合わせて。

イラストレーター 平澤まりこさん

平澤まりこ(ひらさわ・まりこ)●イラストレーター。あべはまじこと、モデルの浜島直子さんとの共著の絵本『ねぶしろ』(ミルブックス)が好評発売中。

『クロワッサン』988号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE