からだ
くらし

【魔法の着こなしルール 3】悩める読者のコーディネート改造大作戦!

ぽってりたるんだボディラインでも、おしゃれは楽しめる! 大人体形をすっきり、若々しく見せる好感度の高いコーディネートの極意を紹介します。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・窪田千紘、森村朋子、榎木直子(以上スタイルスナップ) ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・原田容子、榎木直子(共にスタイルスナップ) 文・野尻和代

Q デニムカジュアルのさじ加減がわかりません!

大木さおり(おおき・さおり)●会社員。IT企業で人事を担当するキャリアウーマン。趣味は、写真を撮ることとカフェめぐり。

《身長》158cm
《体形の悩み》太ももが張っていること。
《普段の服装》オンはきちんと感のある装い、オフはデニムやチノパンなどカジュアルスタイルが基本。

A 濃い色のスキニーデニムですっきり、きれいめに。

普段の通勤スタイルは、きちんと感を第一に心がけているという大木さおりさん。でも、休日になるとうって変わってぐっとカジュアルに。デニムやチノパンに、ボーダーのトップス、キャンバス素材のバッグ、足元はスニーカーといったスタイルが定番。
「若い頃から変わらず、こんな感じですね。ラフで動きやすい格好が好きなんです」と大木さん。
そんな彼女のいつもの休日スタイルを見て、窪田さんは「カジュアル度が高すぎて、ともすればご近所ルックに見えてしまうかも」と指摘。
「カジュアルアイテムが三拍子も四拍子もそろっていて、大人としては危険。まずはデニム選びから見直しましょう」というのは、窪田さんと共に今回のスタイリングを担当するスタイルスナップの森村朋子さん。

「何にでも合わせやすそう」ということで、はき込んだ感じのブルーデニムをずっと愛用している大木さん。太ももの張りが気になるという彼女の悩みにも応えつつ、森村さんはブラックの細身のストレートデニムをおすすめ。
「洗いをかけた薄い色のデニムは、大人にはあまりにもカジュアル。インディゴやブラックなど濃い色のほうが断然似合います。また、太ももを気にしている人は細身デニムを避けがちですが、濃い色ならばむしろスタイリッシュにキマります」(森村さん)
そして合わせるトップスは、週末カジュアルにはピンクのVネックニット、ちょっとした食事用には黒いブラウスをコーディネート。
「ニットもブラウスもツヤ感やとろみのある素材で、エレガントな雰囲気になるのがポイント」(森村さん)
仕上げのバッグやアクセサリーは、洋服がシンプルな分、トレンド感のあるものやモダンなデザインを。
「大人のデニムスタイルは、まず濃い色のすっきりデザインのデニムを選び、合わせるものの素材感や色、形などで女らしさを加えることが必要なんですね」(大木さん)

「洗いざらし感やダメージが激しいデニムは大人には難易度高め」
「ざっくり系のクルーネックニットはカジュアルになりすぎますね」
「流行りに乗るだけでなくリッチなムードも、大人の小物選びの肝」
「大人の肌には、ツヤやキラキラなどの光をまとわせて」
「洗いざらし感やダメージが激しいデニムは大人には難易度高め」
「ざっくり系のクルーネックニットはカジュアルになりすぎますね」
「流行りに乗るだけでなくリッチなムードも、大人の小物選びの肝」
「大人の肌には、ツヤやキラキラなどの光をまとわせて」

小物でドレスアップして女友だちと食事会。

デニム(ザラ)、シャツ(イエナ)、バッグ(ステラ マッカートニー)、パンプス(ピッピシック)、ファー(ドゥーズィエムクラス)、チョーカーは私物

とろみブラウスでエレガントに。
デニムでドレスアップするなら、トップスはてろんとした柔らかい素材のブラウスを。「黒同士でも素材感は違うからニュアンスが生まれます」(森村さん)。ゴージャス小物を効かせれば、肩の力が抜けつつも、おしゃれが好きな女同士の集まりにもぴったりな装いが完成。

1. ボタンを外して作ったVネックラインに映えるゴールドのチョーカー。モダンなデザインが洗練を感じさせる。
2. どんなボトムスに合わせても、ドレッシーに仕上げてくれるとろみブラウス。色はデニムに合わせて黒を選んだ。
3. 黒でまとめたドレスアップスタイルには、パイソンやファーなどのリッチテイストな小物でゴージャスな味つけを。

きれいめカジュアルで週末ドライブへ。

デニム(ザラ)、ニット(ウヴラージュクラス)、シューズ(ツル バイ マリコ オイカワ)、ピアス(イリスフォーセブン)、指輪、バングル、バッグは私物

カジュアルな中にも女らしさを。
車で遠出をする日は、デニム+着心地のいいニットで。「このニットはシンプルなのにディテールが女らしいので、カジュアルになりすぎません。後ろの丈が少し長めで、お尻が隠れるのも魅力です」(森村さん)。足元はスニーカーを卒業してフラットパンプスを。

1. 深めのVネックにツヤのある素材感、鮮やかなローズ色。さりげなく女らしいニットは、ブラックスキニーとも相性抜群。
2. ふわふわのエコファーの巾着バッグで、シンプルカジュアルにトレンド感をプラス。白×黒の配色もアクセントに。
3. スニーカー卒業後の大人カジュアルの足元は、フラットパンプスでキマリ! キラリと輝く装飾で遊び心を添えて。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE