【買ってよかったもの】粉が吹き上がるほどの乾燥肌にはシルクの保湿を。 | くらしにいいこと | クロワッサン オンライン
くらし

【買ってよかったもの】粉が吹き上がるほどの乾燥肌にはシルクの保湿を。

クロワッサンオンラインのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回は真冬の粉吹き芋肌を救ってくれた、『Chut! INTIMATES(シュット! インティメイツ)』のコットンシルクのインナーをご紹介します。

あけましておめでとうございます。
今年もクロワッサンとクロワッサン オンラインをどうぞよろしくお願いいたします。さて、新年最初の買ってよかったものは、年末に購入したものをご紹介します。

ここ数年、お正月前に新しい下着やインナーを買うことを習慣にしていまして、今回は“コットンシルク”素材のインナーを新調しました。
日本のブランド『Chut! INTIMATES (シュット! インティメイツ)』のキャミソールとVネックインナーです。シンプルでかわいいデザインが気に入って購入。コットンシルク素材にしてはそこまで値段が張らないのも嬉しいポイントです。

キャミソール  3,024円
Vネック 4,212円
キャミソール  3,024円
Vネック 4,212円

なぜコットンシルクを強調しているかというと、遡ること2018年の夏。
某ショップでコットンシルクのカップ付キャミソールが70%オフになっていたのを発見。夏の寝巻きを探していたので、これでいいや、と買ってしばらくたった頃、「あれ、そういえばお腹が冷えない」と気がつきました。
冷房でお腹が冷えるタイプで、夏の半分は腹痛で脂汗を流すのが半ば季節行事だったのに……。
それもそのはず、コットンシルクについて調べてみたところ、

“吸湿性・保湿性のあるシルク混は、夏は汗を吸い、冬は湿度を放出して、暖かさと適度な保湿効果があって、インナーの素材に適している”

確かに寝汗のベトつきも気にならず、ほんのりとした温もりでクーラーの冷えをガード。あの猛暑の夜はコットンシルクに支えられたと言っても過言ではありません。

コットンシルクへの愛を深めた夏を過ぎ、迎えた冬。冬は冬で粉吹き芋肌に悩まされていまして。
湿度20%を切る真冬は、オイル+ボディクリームをこってりたっぷり塗っても、インナーを脱ぐと体から粉がぶわっと吹き上がるほど。

友人の「インナーを天然素材に変えるだけで、(乾燥肌が)だいぶマシになるよ」という助言の後押しもあり、普段のインナーもコットンシルクの下着に切り替えるに至りました。

脇に縫い目がないので肌にも優しく、もちろん肌触りも気持ちいい。
そして肝心の粉ですが、今のところ吹き上がっていません。ボディクリームの消費量がぐっと減ったので、いつものインナーよりは高いけど、冬の肌コスト的にはプラマイゼロなのでは……!
ほんのりと暖かく、たくさんインナーを着込まなくても寒くないです。カラバリも豊富で、腹巻きやオーバーショーツも販売しているので、今度誰かへのプレゼントにしたいと思っています。

いやぁ〜年末最後もいい買い物したなぁ。と自画自賛。
2019年も買い物するぞ☆ と、どこかの誰かへ誓いを立てた年末年始でした。今年も買ってよかったものにどうぞお付き合いください。(クロワッサン オンライン編集部 ユリ)

ユリ

『クロワッサン オンライン』エディター。丸顔・ショートヘアに大きめピアスが基本スタイル。365日中300日は次に買いたいもののことを考えています。お酒好きが高じて、ひとり飲みができるお店を開拓中。

ユリの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE