くらし

『ギンザのサヱグサ』代表取締役社長 三枝 亮さんの「大人が愉しい、銀座とっておき。」

  • 撮影・中村香奈子

銀座らしい店として挙げてくれたのは、“銀ブラ(銀座でブラジルを飲む)”の語源とも言われる『カフェー パウリスタ』と、バー『Namban1934』。

「シックな内装でサロン的にゆっくりできるバーです。『銀圓亭』の洋食をつまみながらお酒を飲めるんですよ」

カフェー パウリスタ

大衆的な喫茶店の草分けは、レトロな趣を今に残して。
創業は1911年。大正時代から文化人が好んで通ったブラジルコーヒーの店は地元民にも愛される存在。

昔ながらの雰囲気を楽しみたいなら、1階席へ。三枝さんがいつも頼むのは、コーヒー650円(税込)。

●銀座8-9-16 TEL.03-3572-6160 営業時間 8時30分~21時30分(21時LO)、日11時~20時(19時30分LO) 年中無休 平日は1階が喫煙可、2階が禁煙。土・日・祝は全館禁煙。100席。

Namban1934

格調ある設えで本格カクテルを。大人のためのラウンジバー。
凛としたバーテンダーが取り仕切る居心地のいい店。同ビルの系列店『銀圓亭』から洋食を取り寄せることも。

キャンドルの灯りが揺れる店内。邸宅の居間のようなソファ席にケヤキの一枚板のカウンター席。
驚きのなめらかさ。カニコロッケ1,8 00円。
マーコットオレンジとシャンパンのカクテル、ブロッサム2,200円。
キャンドルの灯りが揺れる店内。邸宅の居間のようなソファ席にケヤキの一枚板のカウンター席。
驚きのなめらかさ。カニコロッケ1,8 00円。
マーコットオレンジとシャンパンのカクテル、ブロッサム2,200円。

なんばん・いちきゅうさんよん●銀座5-4-8 カリオカビル6階 TEL.03-3571-7686 営業時間 17時~24時(食事22時30分LO、ドリンク23時30分LO)、土17時~23時(食事22時LO、ドリンク22時30分LO)、ただし『銀圓亭』のメニューは20時45分LO 休日 日曜・祝日 チャージ1,000円。エレベーターを降りるとすぐ店内に。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。