料理研究家・Makoさんに教わる「酒粕チョコレート2種」のレシピ | レシピとグルメ | クロワッサン オンライン
くらし

料理研究家・Makoさんに教わる「酒粕チョコレート2種」のレシピ

意外と使い方を知らない発酵食品の“酒粕”も、Makoさんの手にかかればあら不思議、甘美な大人スイーツに!
  • 撮影・黒澤義教 料理製作、スタイリング・Mako 文・葛山あかね

酒粕チョコレート2種

酒粕は変幻自在に形を変えて。ひと工夫で高級スイーツに!?
酒粕をそのまま使うの?と驚くことなかれ。チョコレートのマイルドな甘さが酒粕の香りと響き合う大人のスイーツ。おもてなしにも活躍しそうだ。

【材料(16個分)】
A 酒粕 in チョコ[酒粕(板粕)120g 一口サイズのチョコレート(「DARS」使用)8粒 溶けない粉糖大さじ2(ココアパウダーでも可)]
B 生チョコ in 酒粕[生クリーム50ml 板チョコレート100g 酒粕(板粕)約15g ココアパウダー大さじ2]

【作り方A】
酒粕はチョコレートを包める大きさにカットする。チョコ1粒を包み、表面に粉糖をまぶす。

【作り方B】
1. ボウルにチョコレートを砕いて入れ、鍋で温めた生クリームを加えて混ぜ合わせる。
2. オーブンシートを敷いたバットに1を流し入れて冷蔵庫で2時間ほど冷やし固め、8等分に切る。
3. 酒粕を適当な大きさにちぎり、直径1cmほどの丸いダンゴを8個作る。
4. 2で3を包み、丸く成型してココアパウダーをまぶす。

酒粕のゆるめ方はこちら

適度にカットした板粕でチョコレートを包むだけ。「粘土細工みたいにね(笑)」

※今回のスイーツはアルコール分を含むため、お酒に弱い人はご注意を。お子さまはご遠慮ください。

Mako(まこ)●料理研究家。アイデア&ボリューム満点な料理を得意とする。スイーツのほか、野菜の和え物や豚バラ煮込み、ディップなど酒粕を使った料理レパートリーも多彩。

『クロワッサン』973号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE