くらし

心地よい空間づくりがうまい人は見せ方上手。【料理家、カフェ店主 大川雅子さんの場合】

  • 撮影・三東サイ 文・後藤真子

手持ちのものを時に見直し、使いながら「育てて」いく。

料理家、カフェ店主 大川雅子さん

「ものを買うときは、パッションです」と語る大川さん、前述のシェルフ然り、見つけた際に「これ、いい!」と思ったら、即決で購入してきた。

「でも最近は、既に持っているものを見直す時期に入ってきました」

好きで集めた器も惜しみなく、しかし大切に使う。作家ものや老舗ブランドのものもあるけれど「形あるものはいつか壊れる」を口癖に、執着しすぎないよう心掛けているという。
「使いながら、ものを育てていくというのかな。防災グッズを入れているカゴも、新品から長年使い続けて、いい感じで古びてきたと思います」

[玄関]木製トランクや、ビンテージ感のあるカゴを用いて、玄関収納もひと工夫。

ドアを開け正面から見たところ。収納家具のかわりに木製トランクと、長年愛用してビンテージ感の漂ってきたカゴを使用。
カゴの中は防災グッズ。衣類やラグ、軍手、救急・衛生用品などがぎっしり。上段のトランクには客用スリッパが。
ドアを開け正面から見たところ。収納家具のかわりに木製トランクと、長年愛用してビンテージ感の漂ってきたカゴを使用。
カゴの中は防災グッズ。衣類やラグ、軍手、救急・衛生用品などがぎっしり。上段のトランクには客用スリッパが。

大川雅子(おおかわ・まさこ)●料理家、カフェ店主。南青山でパンケーキハウス『APOC』と岡本太郎記念館内のカフェ『a Piece of Cake』を営む。

『クロワッサン』970号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。