くらし

心地よい空間づくりがうまい人は見せ方上手。【料理家、カフェ店主 大川雅子さんの場合】

  • 撮影・三東サイ 文・後藤真子

リビングには客用食器をディスプレイ。シェルフを背中合わせに置いて、間仕切りに。

広々としたリビング。家族や来客が思い思いにくつろげるよう、いくつかのテーブルセットや椅子を、距離をおいて配置している。

リビングでは、背中合わせに置かれたアイアン製の美しいシェルフがまず目に入る。海外で2つ同時に購入し、当初は壁際に並べていたが、あるとき背中合わせにしてみたら、意外としっくり。空間をゆるやかに仕切り、キッチンの出入口の目隠しにもなっている。棚板にはグラス類や、フランスの業務用ラインとして定評のあるアピルコの食器たち。いずれも来客用だ。

「キッチンがオープンではないため、お客様から見えるところである程度、もてなしの支度ができるよう、あらかじめリビングに出してあるんです。私がせわしなくキッチンに出入りしていたら、お客様が落ち着かないと思って。ちょっとしたお菓子類なども、いつも食卓の一角に置いています」

入り口から見たリビング。壁側にキッチンの出入口があり、すぐそばに同形のシェルフが2台、背中合わせに置かれている。ちょっとした間仕切りの役を果たす。
リビング側には来客用の食器類が。
食卓の一角に、カゴや小箱が並ぶ。「すぐ食べられるお菓子やいただきものを置いておくコーナーです」
入り口から見たリビング。壁側にキッチンの出入口があり、すぐそばに同形のシェルフが2台、背中合わせに置かれている。ちょっとした間仕切りの役を果たす。
リビング側には来客用の食器類が。
食卓の一角に、カゴや小箱が並ぶ。「すぐ食べられるお菓子やいただきものを置いておくコーナーです」
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE