くらし

心地よい空間づくりがうまい人は見せ方上手。【料理家、カフェ店主 大川雅子さんの場合】

よく使うものは使う場所のそばに出しておく。当たり前のようでも、その見せ方にセンスが! 都会の暮らしを参考にしよう。
  • 撮影・三東サイ 文・後藤真子

我が家の食事作りに必要充分なキッチンの配置です。

コの字形の右側手前にコンロ、正面にシンク。吊り戸棚や下部収納は充実しているが、使用頻度の高いものは台の上で見えるように。

都内で飲食店を2店舗営んでいる、料理家の大川雅子さん。一日の大半を仕事場である店で過ごすため、「私にとって、家は休むところ、そして、家族と向き合う場所です」と話す。

忙しいながらも、大川さんは朝晩の食事に加え、夫と息子の弁当を毎日手作りしている。台所はリビングと廊下から出入りできる独立キッチンで、コの字形に調理台があり、収納は豊富なのだが、調理台の上に料理道具や食材、食器がずらりと出してある。
「しまい込むと使わないでしょう。たとえば、いただきもののスパイスや蜂蜜も、一度しまうとそのまま賞味期限が切れてしまったり。だから、日用のものはすぐ手に取れる、見えるところに出しておき、どんどん使います」

スパチュラやレードルは火のそばに、玄米はシンクのそばにと、置き場所は効率的。流れるように作業する大川さんの姿が、目に浮かぶ。

[キッチン]よく使うものは、コの字形の調理台にぐるりと、高さを揃えて出しておく。

毎日使う鍋はコンロの上。壁際には鍋敷きを。
火のそばで使う調理道具はコンロの近くに配置。「ポメリー」の粒マスタードの空き瓶をツールスタンドがわりにしている。
シンク回りには洗剤や、玄米と雑穀など炊飯用の食材を。
エスプレッソマシンも水場の近く。
毎朝使うカップはマグツリーに掛け、皿はケーキスタンドにスタッキング。
ラップや保存用バッグはコンロに近い吊り戸棚に、箱の側面が見えるよう、縦に揃えて入れてある。
コンロの斜め下には、弁当作りの必需品であるコンテナ類が。バットやボウルもすぐ横の収納に。
「カゴが好き」という大川さん。じゃがいもや玉ねぎなど、暗所に保存したい食材は、床置きのカゴに。
毎日使う鍋はコンロの上。壁際には鍋敷きを。
火のそばで使う調理道具はコンロの近くに配置。「ポメリー」の粒マスタードの空き瓶をツールスタンドがわりにしている。
シンク回りには洗剤や、玄米と雑穀など炊飯用の食材を。
エスプレッソマシンも水場の近く。
毎朝使うカップはマグツリーに掛け、皿はケーキスタンドにスタッキング。
ラップや保存用バッグはコンロに近い吊り戸棚に、箱の側面が見えるよう、縦に揃えて入れてある。
コンロの斜め下には、弁当作りの必需品であるコンテナ類が。バットやボウルもすぐ横の収納に。
「カゴが好き」という大川さん。じゃがいもや玉ねぎなど、暗所に保存したい食材は、床置きのカゴに。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE