くらし

GWは人気の観光地でアート鑑賞をしたい人のための3つの記事。

横浜、箱根、水戸。アート鑑賞の後は観光も楽しみな、関東の人気スポットで開催中のアートイベントを紹介します。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 『第8回 横浜トリエンナーレ』横浜美術館ほか(6月9日まで)

3年に一度、横浜で開かれる現代アートの祭典。工事休館を経てリニューアルオープンした横浜美術館の建築にも注目です。

⇒詳細はこちらから。

2. 『モダン・タイムス・イン・パリ1925─機械時代のアートとデザイン』ポーラ美術館(5月19日まで)

「マシン・エイジ」、機械の時代とも呼ばれた1920~30年代を中心に、現代美術までが並ぶ展覧会が箱根で開催中。彫刻家の祖父と、家具・宝飾デザイナーの父のもとに生まれたブガッティがデザインした車など、美しい「機械」に触れるチャンス。

⇒詳細はこちらから。

3. 『須藤玲子:NUNOの布づくり』水戸芸術館現代美術ギャラリー(5月6日まで)

テキスタイルデザインスタジオ「NUNO」とそのデザインディレクター、須藤玲子の活動を紹介する展覧会は、ハイライトの大空間を泳ぐ「こいのぼり」もタイムリー。個性的な布を堪能して。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間