暮らしに役立つ、知恵がある。

 

猫が幸せになる工夫がいっぱいの家。

時間と気持ちに余裕ができた今だからーー。猫のためのスペースを用意した永嶋ななさんを訪ねました。

撮影・黒川ひろみ 文・中島茉莉花

“保護猫4匹と暮らす家。 猫が幸せなら人間も幸せ。”

永嶋ななさん

パーソナルスタイリストの永嶋ななさんは、犬や爬虫類の飼育経験もある“動物好き”。8年前からは4匹の保護猫たちと暮らす。自宅を建て替えることになったときは、猫のためのスペースづくりにこだわった。

「体形も性格も違う4匹なので、建築家の松尾宙さん、由希さんに相談しながら熟慮しました。慎重派のマルには落ち着ける居場所を。ぽんちゃんはのんびり屋だから人の近くで寛ぎやすく。しし丸はジャンプは苦手、横移動を多めにできるように。しし丸に追いかけられがちなあられには隠れ場所をといったふうです」

年齢や体調によって、猫も行動や嗜好が変わる。それに合わせ家も“更新”できればと、素人でもいじりやすい合板の壁も設けたという。

「夫と、距離や高さを測りながら、市販のハウスやトンネルを取り付けました。彼らは今、8歳。今後は高すぎず、横移動しやすいものを取り付ける機会が増えるでしょうね」

猫が動き回る姿は人を飽きさせず、「家族の口角は上がりっぱなしです」。

猫が幸せになる工夫がいっぱいの家。

視界のどこかに猫がいるだけで、ほっこり。

食卓の正面の壁にキャットバスを取り付けて。「透明なので猫の姿勢しだいで肉球やおなかが見えて可愛い」。左はぽんちゃん。
食卓の正面の壁にキャットバスを取り付けて。「透明なので猫の姿勢しだいで肉球やおなかが見えて可愛い」。左はぽんちゃん。

窓越しに外を眺めるしし丸(右)とマル(左)。

前面道路側の窓際は、猫たちが行き交う人や車を眺めて寛ぐスペース。「昼寝もできるよう、猫用ベッドをふたつ置きました」
前面道路側の窓際は、猫たちが行き交う人や車を眺めて寛ぐスペース。「昼寝もできるよう、猫用ベッドをふたつ置きました」

猫らしい動きが叶い、ストレスレス。

寝室と屋外にテラスがある3階。「窓枠や家具や梁の上などに続く動線を設けて、回遊したり高所から見下ろしたりを可能に」
寝室と屋外にテラスがある3階。「窓枠や家具や梁の上などに続く動線を設けて、回遊したり高所から見下ろしたりを可能に」

合板の壁は、猫のため。自分たちでDIYも。

釘打ちがしやすいよう、あらかじめ合板を採用した壁には「アニマコレ」のトンネルやハウスをD IYで増設。歩くのはしし丸。
釘打ちがしやすいよう、あらかじめ合板を採用した壁には「アニマコレ」のトンネルやハウスをD IYで増設。歩くのはしし丸。

時にはひとりになれる場所も作ってあげる。

リビングのテレビ台下に潜り込むマルちゃんを発見! "半オープン"だと隠れつつ、周囲を確認でき、かえって安心するよう。
リビングのテレビ台下に潜り込むマルちゃんを発見! "半オープン"だと隠れつつ、周囲を確認でき、かえって安心するよう。

ヒトには3層構造だが、猫にとってはそれ以上。

猫には高低差が必要。上は見通しがきき、攻撃もしやすいため、猫は高所にいるほど優位。「ステップ使いで猫の習性にも配慮して」
猫には高低差が必要。上は見通しがきき、攻撃もしやすいため、猫は高所にいるほど優位。「ステップ使いで猫の習性にも配慮して」

『クロワッサン』1112号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 猫が幸せになる工夫がいっぱいの家。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載