くらし

キッチンのかたわらを油絵のアトリエに【趣味のコーナー実例集】

時間と気持ちに余裕ができた今だからーー。
好きなことに没頭したり、大切なものを眺めたり、生き生きと過ごす「専用の場所」を用意した恩田ケイティーさんを訪ねました。
  • 撮影・小林キユウ 文・中島茉莉花

“娘が使っていたライティングデスクが、 私の油絵のアトリエスペース。”

恩田ケイティーさん

デスクは北海道家具製のヴィンテージ。「上質なものは長くもちますね」。娘が使わなくなり、ここに置いてみたら「ぴったり!」

キッチンのかたわらに置いたライティングデスクは、30年ほど前、娘の勉強机にと『葉山ガーデン』で購入したものだという。自宅で料理クラスも開くライフスタイルコーディネーターの恩田ケイティーさんにとって、ここは、家事の合間にレシピを書いたり縫い物をしたり、“ながら〇〇”をするとき腰かける場所。今は、“ながら油絵”に熱中している。

【絵柄が美しいイギリスの紅茶缶コレクションも趣味。】缶メーカーに勤務していたほどの缶好きという一面も。キッチンの壁の専用ディスプレイ棚は夫と一緒に設えたもの。

「初めて油絵を描いたのは中学校の必修授業。ずいぶん経つというのに、絵の具や筆洗い液、テレピン油の独特なにおいが懐かしく蘇ることがあったんです。海外映画でよく見かける、キャンバスが置かれた部屋にも憧れていました。それで、去年の誕生日に、自分で自分に〈ターレンス〉の油絵の具セットをプレゼントしたんです」

庭へと出入りできるドアのガラスを通って、やわらかな光が手元まで届くのがちょうどいいのだという。ひらめくたびに少しずつ「この世で見たことのない花」を描き進めている。

【さっと引き出してちょっと書くのにいいサイズ。】デスク天板部分は横幅60cm、奥行き40cmほど。「子どもが勉強するには狭かったようですが、私がメモするにはちょうどいい大きさ」

「いくらでも塗り重ねられ、終わりがなく、老眼にも優しいのが油絵のいいところ(笑)。せっかちで、何かにつけオーバーリアクティングな私には、少しでも落ち着く時間を持つことも精神衛生上いいみたいです」

『クロワッサン』1112号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間