暮らしに役立つ、知恵がある。

 

お弁当にも! いんげん入り肉そぼろ【ウー・ウェンさんのレシピ】

餃子や焼麦(シャオマイ)、肉団子。中国に有名ひき肉料理は数あれど、本当においしいのはどんな料理?
北京生まれの料理家ウー・ウェンさんに定番ひき肉料理を聞きました。

撮影・合田昌弘 構成&文・太田祐子

いんげん入り肉そぼろ

お弁当にも! いんげん入り肉そぼろ【ウー・ウェンさんのレシピ】
食感の違ういんげんを加えることで口中にリズムが生まれる。時間差で入れ、蒸し焼きにして火を通す。
食感の違ういんげんを加えることで口中にリズムが生まれる。時間差で入れ、蒸し焼きにして火を通す。
お弁当にも! いんげん入り肉そぼろ【ウー・ウェンさんのレシピ】
食感の違ういんげんを加えることで口中にリズムが生まれる。時間差で入れ、蒸し焼きにして火を通す。

「これさえあれば、お弁当作りもらくちん。あとは卵や野菜を添えればいいだけなので、子どもたちが小さいときはよく作ったものです。そぼろが水っぽくならないように、ひき肉は水分が蒸発して、透明な脂が出てくるまでしっかり炒めること。しっとりしつつも水っぽくないそぼろになりますよ」

【材料(2〜3人分)】
牛ひき肉 150g
酒 大さじ1
粗挽き黒こしょう 小さじ1/2
しょうがみじん切り 1かけ分
オイスターソース 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
赤唐辛子輪切り 2本分
いんげん 100g
太白ごま油 大さじ1

【作り方】
1.いんげんの筋を除き、5mm幅に切る。
2.フライパンに太白ごま油と牛ひき肉を入れて中火にかけ、肉の色が変わるまでじっくりと炒める。
3.2に唐辛子、しょうが、粗挽き黒こしょうを入れて炒め、さらにオイスターソース、醤油も加えて炒め合わせる。
4.3にいんげんを入れ、酒をふって蓋をする。弱火から中火で3分蒸し焼きにする。

  • ウー・ウェン

    ウー・ウェン さん

    料理研究家

    1990年来日。中国の家庭料理と暮らし、文化を伝えるウー・ウェン クッキングサロンを主宰。『10品を繰り返し作りましょう』(大和書房)、『煮もの あえもの』(高橋書店)など著書多数。

『クロワッサン』1105号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. お弁当にも! いんげん入り肉そぼろ【ウー・ウェンさんのレシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載