くらし

わざわざ食べに行く価値がある!羽田空港の通が愛する絶品の味。

日本の空の玄関口には、限定のメニューもたくさん。
空港グルメの達人が、お気に入りの名店を案内します。
  • 撮影・小川朋央 文・黒澤 彩 構成・堀越和幸 取材協力・日本空港ビルデング

飛行機を眺めながらゆっくり味わう料理は、おいしさもひとしお。

「この眺めとビールが最高!」(片山智香子さん)

“旅するパンマニア”として国内外のパンを求めて飛び回る片山智香子さんは、羽田空港マニアとしても有名。飛行機に乗らなくても週3ペースで通うという、その訳は?

「なんといってもこの眺めですから、来るだけですごくいい気分転換に。飛行機に乗って旅行するのではなくても、ちょっとした旅気分を味わえます。レストランにいても搭乗案内のアナウンスが聞こえてくるので、空港らしい臨場感に気分が上がります」

長男が小さかった頃に、ママ友の一人が「羽田空港で集まろうよ」と提案してくれたのがきっかけ。飛び立つ飛行機を見ては喜び、広々としたデッキを走り回る長男のために、たびたび来るようになったのだそう。

子どもが成長した今は、せわしない日常を離れて、一人で息抜きをする場所に。

「朝早く来て、駐機場が見えるカフェで少し仕事をします。それから空港内をぐるりと散策して、昼ごはんを食べて午後に帰宅するのがルーティン。通ううちにおいしい店が多いと知って、一人ランチやスイーツを買うことが何よりの楽しみになりました」

都心からのアクセスも便利な羽田空港のグルメを知らずにいるのはもったいない。空の玄関の旅情に包まれながら、いざ名店巡りへ!

Terminal 1

【レトロな雰囲気の第1ターミナル。〝一度でふたつの味〟がお気に入り。】

\ 案内ロボットのミニ モークに話しかけてね。/

『cuud(クウド)』のハーフ&ハーフ カレーうどん

カレーうどん(辛口)とトマトカレーうどんのハーフ&ハーフ1,530円。

●羽田空港にしかないお店。こだわりの味わいを手軽に。

出汁の旨みとスパイスの風味が効いた絶品のカレーうどん専門店。「出発ロビーにあるので、メニュー数を絞って本格的な味をスピーディに提供する工夫に唸ります」(片山さん)

第1ターミナル2F出発ロビー南ウイング 
TEL.03・5757・8857
営業時間:10時〜19時(18時30分LO)※時短営業中。
第2ターミナル4Fの店舗は臨時休業中。

『京ぜん』の選べるハーフ&ハーフ丼

大豆ミートと野菜のヘルシー丼&鮪と鯛の漬け丼に、香の物と味噌汁がついたセット1,720円。

●空港での和食チャージはここで。束の間、贅沢な気分に浸れる。

天ぷら、鰻など日本料理が揃う。片山さんの定番はハーフ丼セット。「7種類から2つを選べます。すぐに出てくるメニューには印がついていて、急いでいる人にもありがたいですね」

第1ターミナル3Fマーケットプレイス 
TEL.03・5757・8838 
TEL.11時〜19時(18時30分LO)※時短営業中。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。