くらし

クミンの風味豊かな、インドの夏大根のカチュンバル【重信初江さんの世界の和え物レシピ】

世界中で親しまれる普遍的な家庭料理、和え物。ヘルシー&簡単で、旅気分を楽しめる多彩なメニューを、旅好き料理家がリスペクトを込めて披露します。
  • 撮影・土居麻紀子 文・森本亮子 構成・中岡愛子

夏大根のカチュンバル

\味の要になる調味料/クミン

クミンの風味豊かな、異国情緒ただよう名脇役。

「辛くパンチの効いた夏大根を食感のよい千切りにし、清涼感ある和え物に。クミンはしっかり熱して香りと旨味を出してからかけて」。消化を促進するひと皿なので、箸休めやカレーの付け合わせにも。

【材料(2〜3人分)】
大根 250g
塩 小さじ1/4
ししとう 3本
A[レモン汁 大さじ1 塩 小さじ1/4]
B[サラダ油 大さじ1/2 クミンシード 小さじ1/2]

【作り方】
1.大根はスライサーで太めの千切りにし、塩をまぶして15分おき、水気を絞る。ししとうは小口切りにする。
2.ボウルに1を入れ、Aを加えて混ぜる。
3.小さめのフライパンにBを入れて弱火にかけ、香りが立つまで1分ほどしっかり炒める。油ごと2に加えて和え、器に盛る。
※冷蔵庫で3〜4日間保存可能。

それぞれの地域で異なる、和え物の美味しさ

「和え物は生でよし茹でてよし、おかずにもメイン料理の付け合わせにもつまみにもなり、野菜を大量に摂れて体が整います。夏野菜が旬を迎え、食欲が落ちやすいこの時季にぴったりです」と重信初江さん。

“和える”利点は調味料がなじんで味がよくなることだが、塩茹で・塩揉みしたものは食材から水気が出て味がボヤけやすいため、味付け前に水気をしっかり取るのが仕上げのコツだ。

「白和え、ごま和え、酢の物など、日本の和え物は調理法も食材もバリエーション豊かで、作り方も簡単。他国で感動した和え物には玉ねぎ、トマト、きゅうり、レモン汁がよく入っていましたが、スパイス使いに食文化が顕著に表れて面白い。意外と身近な食材と調味料でできますよ」。旅気分で野菜の和え物の奥深い魅力を楽しみたい。

重信初江

重信初江 さん (しげのぶ・はつえ)

料理家

世界の家庭料理を気軽に再現できるやさしいレシピが人気。韓国の豊かな日常食が詰まった近著『おうち韓食』(主婦の友社)が好評。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。