くらし

凍ったまま調理できる「豚の冷凍薄切り肉」で作るサラダと炒めもの。

ステーキ肉、バラ凍結肉など、冷凍の肉には、おいしく調理するためのコツが! 日々の献立に無理なく取り入れる方法を料理研究家の吉田瑞子さんに教わりました。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 文・石川理恵

〝豚の冷凍薄切り肉〟はそのまま調理できる。

豚肉のバラ凍結の中でも使い勝手がいいのは、豚バラの薄切り肉。薄くて火が通りやすいので凍ったまま調理ができ、脂身があるため火を入れすぎたとしてもパサつきにくい。

「むしろ生肉より、冷凍のほうが包丁で切りやすかったりします。バラ凍結だと好きな量を取り出して使えるから、副菜のボリュームアップに便利。肉が入ればサラダも立派なおかずに。炒め物にも最適ですが、おいしい食感に仕上げるにはとろみをつけるメニューがおすすめです」

豚肉のおかずサラダ

A.豚肉は冷凍のまま、塩を加えた熱湯でゆでる。いんげんと一緒にゆでてOK。
B.豚肉の色が変わったら冷水にとる。余熱で肉に火が入りすぎるのを防ぐため。
C.野菜を盛り合わせ、水気をきった豚肉をのせる。ドレッシングは好みのものを。

【材料(2人分)】
冷凍豚バラ薄切り肉 150g
いんげん 3本
レタス・リーフレタス 各2~3枚
きゅうり 1/2本
プチトマト 4個
コーン缶(粒)大さじ3
好みのドレッシング 適量

【作り方】
1.熱湯に塩少々(分量外)を加え、冷凍豚バラ薄切り肉、いんげんを入れてゆでる。肉の色が変わったら、冷水にとって冷やし、水気をきる。
2.いんげんは4~5cm長さに切る。レタス、リーフレタスはちぎる。きゅうりは輪切りにし、プチトマトはヘタを除き半分に切る。
3.2を皿に彩りよく盛り合わせる。豚肉をのせ、コーンをちらし、ドレッシングをかけて食べる。

豚肉のチンジャオロースー風

A.豚肉は冷凍のまま3〜4cm幅に切り、塩、こしょうをふってから炒める。
B.肉の色が変わったら、ピーマン、たけのこの順に加えて炒める。火加減は中火。
C.あらかじめ合わせておいた調味料を加え、ひと煮立ちさせて味をなじませる。
D.片栗粉でとろみをつけると、冷凍による肉の劣化があったとしてもカバーできる。

【材料(2人分)】
冷凍豚バラ薄切り肉 150g
ピーマン 4個
水煮たけのこ(千切り)1袋(150g)
ねぎ 5cm
しょうが・にんにく 各1/2かけ
塩・こしょう 各適量
水溶き片栗粉(水 小さじ2+片栗粉 小さじ1)
サラダ油 小さじ2
ごま油 適量
A[スープ(水1/3カップに鶏ガラスープの素 小さじ1を溶かす) 酒 大さじ1 しょうゆ 小さじ2 オイスターソース・砂糖各 小さじ1 塩・こしょう 各適量]

【作り方】
1.冷凍豚バラ薄切り肉は3~4cm幅に切り、軽く塩、こしょうをふる。
2.ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにする。
3.ピーマンは千切り、水煮たけのこは水気をきって千切りに。
4.Aを合わせておく。
5.フライパンにサラダ油を熱し、ねぎ、しょうが、にんにくを入れて炒める。香りが立ったら、豚肉を加えて炒める。肉の色が変わったら、ピーマン、たけのこを順に加えて炒める。
6.4を加え、沸騰したら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、ごま油をまわし入れる。

冷凍肉のストックがあると、忙しい毎日の献立に大助かり。冷蔵品のように短い消費期限に追われることもなく、料理の食べ応えもアップする。

気になるのは解凍の手間や味が落ちないかどうかだが、「冷凍のまま焼いたり、半解凍で使ったりしたほうが失敗なく料理できます。肉は自然解凍だとドリップが出るし、電子レンジで完全解凍するとムラになりやすいんです」と吉田瑞子さんは言う。

そもそも「冷凍の仕方」が不適切でも味は落ちてしまうため、今回、「冷凍状態で買える肉」について最適な調理方法を教わった。ふるさと納税の返礼品や贈答品などで届く冷凍ステーキ肉、スーパーで買える冷凍肉を、手軽においしく料理する方法を紹介。

吉田瑞子

吉田瑞子 さん (よしだ・みずこ)

料理研究家、フードコーディネーター

おいしくて簡単な家庭料理を紹介。『手作り冷凍食品の365日』(宝島社)、『冷凍保存の教科書ビギナーズ』(新星出版社)など著書多数。

『クロワッサン』1069号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。