くらし

半解凍の「冷凍鶏肉」で作る、トマト煮や唐揚げのレシピ。

ステーキ肉、バラ凍結肉など、冷凍の肉には、おいしく調理するためのコツが! 日々の献立に無理なく取り入れる方法を料理研究家の寺田瑞子さんに教わりました。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 文・石川理恵

〝冷凍鶏肉〟は半解凍で。

鶏もも肉のカットや、手羽元のバラ凍結(バラバラの状態で凍らせているもの)を常備すると、メイン料理に活躍する。

しっかり火を通したい鶏肉は、冷凍のままだと調理時間が長くなるし、完全解凍するとドリップや臭みが出るため、半解凍してから使う。

「冷凍庫から出してすぐに調理はできないけれど、下味をつけながら半解凍をすれば一石二鳥です。肉は冷凍されると繊維が壊れて、味がしみやすくなるんですよ」。

生焼けの心配なく作れる、煮たり揚げたりするメニューがおすすめだ。

鶏肉のトマト煮

A.凍った状態の鶏肉に調味料をからめ、そのまま冷蔵庫へおいて半解凍にする。
B.半解凍とは、鶏肉の表面が解けてゆるみ、中は凍っている状態。指で押すと固い。

【材料(2人分)】
冷凍鶏もも肉(カット済み)6個(約200g)
玉ねぎ 1/2個
なす・ズッキーニ 各1本
塩・こしょう 各適量
オリーブ油 大さじ2
A[赤ワイン 大さじ2 おろしにんにく 1かけ分 ローリエ 1枚]
B[カットトマト缶 1缶(400g) 洋風スープの素 1個 ローズマリー 1枝]

【作り方】
1.冷凍鶏もも肉に軽く塩、こしょうをまぶす。
2.ボウルにAを合わせ、鶏肉を入れてよくからめる。冷蔵庫に2時間ほどおいて半解凍状態にする
3.玉ねぎは1cm厚のくし形、なす、ズッキーニは1cm厚の輪切りにする。
4.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、水気をきった鶏肉を皮目を下にして並べ入れ、両面こんがり焼き付ける。オリーブ油大さじ1を足し、3の野菜を加えてさっと炒め合わせ、Bを加え、蓋をして10分ほど煮る。塩、こしょうで味を調える。

鶏手羽元の唐揚げ

A.凍った鶏肉に調味料をからめるときは、ポリ袋の中に入れてもんでもOK。
B.骨付き肉は半解凍までに時間がかかる。冷蔵庫に長くおく分、味もよくしみ込む。

【材料(2人分)】
冷凍鶏手羽元肉 6本(400g)
塩・こしょう・サラダ油・トマトケチャップ・粒マスタード・パセリ 各適量 
A[しょうゆ 大さじ2 酒 大さじ1 おろしにんにく 1/2かけ分 しょうが汁 小さじ1]
B[薄力粉 3/4カップ 片栗粉 1/4カップ]

【作り方】
1.冷凍鶏手羽元肉に軽く塩、こしょうをまぶす。
2.ボウルにAを合わせ、鶏肉を入れてよくからめる。冷蔵庫に4時間ほどおいて半解凍状態にする
3.Bの衣を混ぜ、水気をきった鶏肉にまぶす。
4.フライパンにサラダ油を多めに熱し、鶏肉を入れ、低温でゆっくり揚げ焼きにする。仕上げに高温にしてカラリと仕上げる。皿に盛り付け、パセリを飾り、トマトケチャップと粒マスタードを添える。

冷凍肉のストックがあると、忙しい毎日の献立に大助かり。冷蔵品のように短い消費期限に追われることもなく、料理の食べ応えもアップする。

気になるのは解凍の手間や味が落ちないかどうかだが、「冷凍のまま焼いたり、半解凍で使ったりしたほうが失敗なく料理できます。肉は自然解凍だとドリップが出るし、電子レンジで完全解凍するとムラになりやすいんです」と吉田瑞子さんは言う。

そもそも「冷凍の仕方」が不適切でも味は落ちてしまうため、今回、「冷凍状態で買える肉」について最適な調理方法を教わった。ふるさと納税の返礼品や贈答品などで届く冷凍ステーキ肉、スーパーで買える冷凍肉を、手軽においしく料理する方法を紹介。

吉田瑞子

吉田瑞子 さん (よしだ・みずこ)

料理研究家、フードコーディネーター

おいしくて簡単な家庭料理を紹介。『手作り冷凍食品の365日』(宝島社)、『冷凍保存の教科書ビギナーズ』(新星出版社)など著書多数。

『クロワッサン』1069号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。