暮らしに役立つ、知恵がある。

 

月のめぐりを知る、毎月1日のお赤飯、米で炊くお赤飯【本田明子さんの介護食レシピ】

食べる楽しみは少しでも長く残しておきたいもの。食べ物を自分で噛めて飲み込めるけれど、固いものが苦手、パサつくものが飲み込みにくい――そう感じている人向けに料理のコツを習います。

撮影・岩本慶三 スタイリング・本郷由紀子 文・編集部

写真ギャラリー

月のめぐりを知る、毎月1日のお赤飯、米で炊くお赤飯【本田明子さんの介護食レシピ】
1. 豆(ささげ)は洗い、かぶるくらいの水を加えて強火にかけ、煮立ったらいったん茹で汁をこぼす。
1. 豆(ささげ)は洗い、かぶるくらいの水を加えて強火にかけ、煮立ったらいったん茹で汁をこぼす。
2. 分量の水を加えて再び火にかけ、フツフツしてきたら弱めの中火にしてふたをして15分茹でる。
2. 分量の水を加えて再び火にかけ、フツフツしてきたら弱めの中火にしてふたをして15分茹でる。
3. 茹で汁と豆は別にする。茹で汁は冷ます。
3. 茹で汁と豆は別にする。茹で汁は冷ます。
4. 冷めた茹で汁に、洗った米を浸し30分以上おく。
4. 冷めた茹で汁に、洗った米を浸し30分以上おく。
5. 炊飯器の内釜に米を茹で汁ごと移す。茹で汁の量は内釜のラインに合わせる(ここでは2合のライン)。
5. 炊飯器の内釜に米を茹で汁ごと移す。茹で汁の量は内釜のラインに合わせる(ここでは2合のライン)。
6. スイッチを入れて、炊く。十分蒸らしたら、器に盛る。ごま塩は、すりごまと塩を混ぜて振る。
6. スイッチを入れて、炊く。十分蒸らしたら、器に盛る。ごま塩は、すりごまと塩を混ぜて振る。
月のめぐりを知る、毎月1日のお赤飯、米で炊くお赤飯【本田明子さんの介護食レシピ】
  1. HOME
  2. くらし
  3. 月のめぐりを知る、毎月1日のお赤飯、米で炊くお赤飯【本田明子さんの介護食レシピ】

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載