くらし

“もの”を減らすことより笑顔を増やす、「実家の片づけ」実践レポート。

  • 撮影・滝川一真 文・天田 泉 イラスト・松元まり子

いよいよ片づけスタート。思い出話に花を咲かせつつ、どんどん仕分け。

読書が好きなTさんの本棚には、小説や詩集、実用本などが並ぶ。文字が小さくて読みづらくなったものや、もう読まないものをテキパキ判断。「この本読みたい」と娘さんが本をもらう場面も。

「本棚にあったほうがいいものと、なくてもいいものをお母さまに選んでいただきますね」と永井さん。一つひとつのものをTさんが判断していきます。

「コーラスの曲はぜんぶ頭に入っているから楽譜はいらないわ」「この年賀状は仲人さんからいただいたの。とても達筆でしょ? こういう字が書けたらいいなと思ってときどき見るんです」……片づけながらものの背景や思い出を語るTさん。親子で昔話に花が咲くひとときも。「懐かしい話が聞けてうれしい」と娘さん。

整理の結果、読まない本や仲人をした人からのお土産の置物、娘たちのものなどは処分することに。当初の1/3くらいの量に減りました。

書類にまぎれていたのは、Tさんが「見るのがたのしみ」というチラシ。「一見いらなさそうなものも、何かしらの思いがあるかもしれないので、本人に確認することが大事です」と永井さん。

次は、残すものの置き場所をTさんと相談しながら、使いやすいように決めていきます。すっきりと片づいた本棚は、何がどこにあるのか一目瞭然です。

「実家の片づけは月1回などゆるいペースで進めると無理がありません。最初にかける時間を決めたら、親御さんが疲れないように15〜20分ごとに休憩をとりましょう。終了予定時刻の小一時間前にはしまいはじめるといいですね」

「これは、おとうさんが一生懸命仕事した青函トンネルの工事で出てきた記念の石ね」とTさん。少し疲れが見えてきたTさんの集中力を和らげるため、夫のものを見せて気分転換をはかる。

本棚が片づいた数日後、永井さんのもとにTさんから感想が届きました。「ものを取りに行く距離が短くなってラクです」。ほかのものの置き場所も、自ら工夫し始めたと言います。

「以前、寝たきりだった女性の部屋を片づけたら、その方が自力でトイレに行けるようになりました。片づけはその方の行動を広げたり、もっといえば生き方にもいい影響をもたらすのです」。

大切な思い出を 共有するよろこび

旅先で立ち寄ったお店のマッチは、夫婦の思い出。左はTさんが長年続けてきたコーラスの写真。片づけは親の大切なもの知り、思いを共にする機会。

そのときに備えて 「旅立ちセット」をつくれば、安心。

「片づけのときに、親に旅立ちの棺に入れたいものを決めてもらうといいですよ」(永井さん)。Tさんはコーラスの発表会で着たピンクのワンピースと、思い出の合唱曲の楽譜を選んだ。

(片づけたところ)After 置き場所を決めて使い勝手よく、より安全に。

(A)家族の思い出の写真を飾る

(B)好きなものを飾る

(C)ひと目で中身がわかる、浅めのトレイ

(D)書類は立てて取り出しやすく分類

(E)よく使うものは上の段に

(F)あまり使わないものや重いものは下の段に

(G)ガラス戸を外して、ものを取りやすく

(H)本棚1本なくなりました

必要なものだけ残したら、本棚1本が空に。課題だった紙類は、種類ごとに分類してファイル立てに入れて取り出しやすく。手の届きやすい高さの棚には使う頻度の高いものを。体に負担をかけない工夫も。片づくと「写真は季節ごとに変えたい」と新たな意欲が。

使い慣れた箱にラベルを貼ればひとめでわかる。

永井さんのラベルセット。「ものを入れた箱や缶は中身とセットで覚えているので、そのまま使います。ラベルには、親が決めたことばを自分で書いてもらいましょう」(永井さん)

一緒に使うものはグルーピングするとすぐ使える。

宅配便の受け取りなどでよく使う、はんこと朱肉をひとつにまとめてグルーピングすると、便利。ほかにも掃除セット、お茶セットをつくっておくと、出すのも片づけるのもラクになる。

永井美穂

永井美穂 さん (ながい・みほ)

整理収納アドバイザー

介護福祉士の経験を活かし、高齢者が健康・安全に暮らせる環境づくりの実現に寄与。日本初の片づけヘルパーとして活動中。著書『親の健康を守る実家の片づけ方』。

『クロワッサン特別編集 介護の「困った」が消える本。』(2021年9月30日発売)

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。