くらし

冷蔵庫に気をつけろ【カータンさんの“健康以下、介護未満”の親とのあるあるマンガ】

人気ブロガーのカータンさんが描く“健康以下、介護未満”の両親の姿はなぜだか憎めず、むしろほっこりとした気持ちに。これは、遅かれ早かれいつか必ず訪れる、あなたやあなたの家族の物語です。
  • 文とイラスト カータン

冷蔵庫に気をつけろ

実家の冷蔵庫が、賞味期限切れの食材でいっぱいになっていた、そんな話はよく聞きます。わが家も手付かずの食材が、悪臭放ちぎゅうぎゅう詰めになっていました。なんと高級ステーキが10枚も……あぁ……。

親の老いを受け入れた時、目の前にいる親が愛おしくなった。

親の死はある程度、覚悟していたつもりだ。順番的にいつか見送る時がくるんだろうと。でも、親の介護が必要になるなんて、これっぽっちも考えていなかった。なんて浅はかだったのか。歳をとれば、遅かれ早かれ誰かの手を借りなくては生活できないときがくる、至極当然のことなのに。ところが、私には変な自信があったのだ。うちの親に限ってそれはない。もしかしたら、そんなことは考えたくなかっただけなのかもしれない。

だから、できないことが増えていく親を見るたびに、イライラした。そのうちそれは怒りに変わり「もー、しっかりしてよ!」を連発してた。今思えば、親だって、必死に老いと戦っていたのだろう。

子どもとして、親の老いを受け入れるのは、せつなさとの戦いだ。頼りになった頃の姿ばかり思い出しては、悲しくなった。

老いは誰にでも平等に訪れるもの。父も母も親としての威厳を保ち、長い間がんばってくれたじゃないか。もう親の役目から解放されてもいいんじゃない? そう思えた時、親の老いを受け入れられたように思う。目の前にいる高齢者は、私の親に変わりはない。気負わず、飾らず、人間臭く。こんな親も、なんだか愛しい。

カータン

カータン さん

主婦ブロガー

2007年ブログ「あたし・主婦の頭の中」を開始。JAPAN BLOG AWARD 2008で総合グランプリ受賞。著書に『健康以下、介護未満 親のトリセツ』(KADOKAWA)ほか。

『クロワッサン特別編集 介護の「困った」が消える本。』(2021年9月30日発売)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。