くらし

在宅介護で利用できる短期入所系サービスの知識。

  • 文・ 殿井悠子 イラスト・古谷充子

一時的に介護をお願いしたいときは。

介護をする家族が病気になった、冠婚葬祭や出張で介護できない、身体的・精神的な負担から休息が必要な場合などに利用できるのが「短期入所生活介護」、いわゆる「ショートステイ」だ。

数日から1週間程度、施設に入所して、施設入居者と同様の介護を受けることができる。食事や入浴、排泄などの介助のほか、機能訓練などを受けることも可能だ。

●ショートステイの施設の種類

●自己負担額の目安

施設と自宅介護を組み合わせる方法もあります。

施設への通所をメインにして、短期の宿泊、自宅への訪問介護と3つのサービスを組み合わせて利用する方法がある。地域密着型サービスのひとつ、「小規模多機能型居宅介護」だ。

通所や訪問の時間の自由度があり、空きがあれば急な宿泊もOK。ひとつの事業所に登録してサービスを受けるので、顔なじみのスタッフによるケアが受けられる安心感もある。

●小規模多機能型居宅介護とは

●小規模多機能型居宅介護

※送迎、入浴含む

●自己負担の目安

高室成幸

高室成幸 さん (たかむろ・しげゆき)

ケアタウン総合研究所代表

ケアマネジャーや地域包括支援センターなどへの研修講師など、多方面で活躍。近書に『子どもに頼らない しあわせ介護計画』。

『クロワッサン特別編集 介護の「困った」が消える本。』(2021年9月30日発売)※情報は発行時のものです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。