くらし

2022年の新月のスケジュールとそれぞれのテーマ。

月を使った運の引き寄せ術の創始者で、月星座占いのKeikoさんに聞きました。
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・MAI 文・知井恵理

新月のテーマを知って引き寄せることが大切です。

新月は、天の12星座を毎月順番にめぐっている。どの星座で新月を迎えるかによって叶いやすい分野が変わるので、各星座の特徴に合った願いを毎月優先して書くのがいい。

「それ以外のことも願っていいのですが、叶いやすい分野の願いをひとつは書いておくと、ほかも芋づる式に叶いやすくなるんです」

各新月の特徴を知り、1年かけて12星座に沿った願いを書けば、金運から健康、人間関係まで人生全般の恩恵を受けやすくなる。

2022年の新月のテーマ

●2月1日(火)水瓶座新月

友人や仲間など横のつながりを増やしたり、ITリテラシーを高めるエネルギーが強い月。個性を伸ばす、現状打破する、などの願いもよし。

●3月3日(木)魚座新月

魚座は芸術と縁が深いので、絵画や音楽などの才能開花やスキルアップを願いたい。水泳などマリンスポーツの上達、世の平和を願うのも吉。

●4月1日(金)牡羊座新月

考えるのをやめて行動する、自分らしく生きる、オリジナリティのあるものを作る。一歩踏み出すこと、新しいステージを切り開く願いなど。

●5月1日(日) 牡牛座新月

理想の収入やお金の流れ、物質的に不自由のない生活、上質なくらしなどを願うとよい。五感を磨く、センスアップもこの月に。

●5月30日(月)双子座新月

好奇心を満たすことにツキが。カルチャーセンターの講座受講や、コミュニティでの活発な交流など。きょうだい仲を穏便にする願いもよい。

●6月29日(水)蟹座新月

家庭やプライベートの充実を願うのに適した月。料理や掃除などの家事や育児、インテリアを含む住まい全般、家族に関わる願いを後押し。

●7月29日(金) 獅子座新月

イベントや祭り、祝賀会などの晴れがましい席や舞台での活躍、存在感のアピールがテーマ。また趣味の充実、孫に関わることを願うのも吉。

●8月27日(土) 乙女座新月

健康や整理整頓などのテーマが合う。食習慣の見直しやダイエット、体質改善に関する悩みの解決、片づけの成功も期待できる。

●9月26日(月) 天秤座新月

円満な人間関係、理想の相手との出会いをサポート。パートナーシップ、夫との良好な関係、ビジネス面での人間関係に関する願いもよい。

●10月25日(火) 蠍座新月

遺産、不動産、利子、配当金、印税や特許使用料などの不労所得や、財産に関することを。再婚や復縁、再会など一度諦めたことの復活なども。

●11月24日(木) 射手座新月

海外旅行や移住、外国人との人脈などに関することを。専門分野の研究やアカデミックなことについても吉。アウトドア活動の充実なども。

●12月23日(金) 山羊座新月

仕事の成功や活躍、売上達成、狙ったポジションへの昇格などの願いを強力に後押し。理想の年俸や地位を具体的にイメージするとよい。

Keiko

Keiko さん (けいこ)

ルナロジー創始者

月を使った開運法「ルナロジー」を創案。近著に毎日の運勢を解説する12月星座別ブック『愛と金脈を引き寄せる 月星座占い2022』シリーズ(マガジンハウス)。

『クロワッサン』1060号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。