くらし

香りと辛味が絡み合う、鶏のガパオご飯【長澤恵さんのレシピ】

日々の食卓を支える、頼もしきフライパン。その使い勝手を愛する料理家に、お気に入りのフライパンと自慢の料理を聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ

鶏のガパオご飯

タイ定番の家庭料理。鶏肉はひき肉ではなく、ぜひ包丁でみじん切りに。おいしさの違いは明らか。

【材料(2人分)】
鶏もも肉 1枚(300g。包丁で叩いてみじん切り)
バジル(ガパオ)の葉 20g
いんげん 5本(小口切り)
ご飯 150g
A[にんにくのみじん切り 10g、生唐辛子(なければ乾燥)の小口切り3本分]
B[ナンプラー 大さじ1、グラニュー糖 小さじ1]
卵 2個
油 適量

【作り方】
1.フライパンに油大さじ2と1/2をひき、Aを入れて中火で炒め、香りが出たら鶏肉を加えて炒める。
2.鶏肉にほぼ火が通ったらいんげんを入れ、Bを加えて混ぜる。すぐバジルを加えて鮮やかな色になるまで炒める。
3.ご飯の上に2をかけ、揚げ焼きにした卵をのせる。好みでプリックナンプラー(ナンプラー、皮付きレモンのいちょう切り、にんにく、唐辛子、砂糖を合わせた調味料)をふって食べる。

勢いよく炒めた鶏肉に香りと辛みが絡み合う。

にんにくと唐辛子の香りが立ったら鶏肉を入れる。ここで調味料はなし。
バジルの葉は多めに。
卵は油をかけながら揚げ焼きに。

「タイでは一般的なアルミフライパン。 このカーブと浅さが最高なんです。」

タイの屋台でも使われているガタという名のアルミフライパン。直径33cm。フライ返しはステンレス製。共にネットショップで購入可能。タイ雑貨のチャイディー https://www.chaidee.co.jp

20代からタイに通い、郷土料理を学んだ長澤恵さん。

「タイで一番使われているのはこのアルミのフライパン。すごく軽くて熱伝導がいいから、ガパオやチャーハンを作るのにぴったり。そして底が広すぎないので、ちょっとした揚げ物も少量の油で作れるんです」

アルミもステンレス同様、使うときはしっかり煙が出るくらいまで熱してから使うのがこつ。

「熱すれば調理中に素材がくっつくことはありません。多少傷がついても問題ないですし、洗うときに特に気を使う必要がないのもうれしいですね」

フライパンと同じメーカーのフライ返しもフライパンのカーブにぴったり合う名脇役で、タイ家庭ではフライパンと共に揃える台所道具だそう。

長澤 恵

長澤 恵 さん (ながさわ・めぐみ)

料理家

OL時代の旅行でタイ料理に魅せられ転身。北から南までの料理と、タイ語を実践で習得。料理教室も人気。https://www.titcaithaifood.com

『クロワッサン』1055号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。