くらし

カリッと香ばしい、フライパンで作るトーストとベーコンエッグ両面焼き【坂田阿希子さんのレシピ】

日々の食卓を支える、頼もしきフライパン。その使い勝手を愛する料理家に、お気に入りのフライパンと自慢の料理を聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ

ベーコンエッグ両面焼き

外側のこんがり感は鉄フライパンでこそ。
ベーコンエッグは油を入れずに焼く。
裏返して約2秒で器に。

蓋をして卵を蒸らしたくないならこの方法。水分を入れないから、からりとした焼き上がり。多少破けたっていいんです!

【材料(1人分)】
卵 2個
ベーコン 3枚

【作り方】
フライパンを熱し、ベーコンを入れて中火で焼く。脂が出てきたら卵を割り入れる。裏面がこんがりして、表面の白身が固まったら一度裏返し、すぐ器に盛る。

カリッとトースト

オーブントースターで焼くよりも、焼き目が香ばしく、内側が乾かないのが利点。好みの食パンを厚めに切ってお試しを。

【材料(1人分)】
食パン(厚切り)1枚

【作り方】
フライパンを熱して食パンを置き、片面がきつね色になったら返して同様に焼く。

「なんでもない料理もご馳走に。 動かさずにじっくり 焼きつけます。」

坂田さん愛用のタークのフライパン。よく使うのは直径20cmと24cm。両手タイプのグリルパンは直径29cm。片手タイプは15年前に東京・合羽橋で購入したもので、同じ型は日本で現在販売されていない。ターク日本公式HP http://www.zakkaworks.com/turk/

「ドイツのタークというブランドのものを愛用しています。厚みがあって重いからこそ、焼きつける調理に最適」というのは、料理家で洋食店店主としても腕を振るう坂田阿希子さん。

「鉄のフライパンが大好き。何しろ焼き目のこんがり具合が違います! 小さな直径20cmのフライパンは、1人分の朝ごはんを作るときに大活躍。目玉焼き2個分がぴったりの大きさなんです」

目玉焼きの作り方にはそれぞれの流儀があるが、坂田さんは両面焼き。水分を入れずにカリッと仕上げる。「パンもフライパンで焼くのが好み。中は乾燥せず、表面だけによい焼き目がつくんですよ」

坂田阿希子

坂田阿希子 さん (さかた・あきこ)

料理家

洋食、日本の家庭料理、本格的なフレンチ、お菓子と得意分野も幅広い。店主を務める東京・代官山の洋食店『KUCHIBUE』ではオンライン通販や料理教室も人気。https://kuchibue.tokyo

『クロワッサン』1055号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。