くらし

手羽元のコチュジャン煮【堤人美さんのレシピ】

フライパンだからこそ味わえる煮込みがあるんです。簡単なのに本格的な味になるこの料理法、さっそく今晩から取り入れてみては。
料理家の堤人美さんが使ったのは、直径26cmのごく普通のフッ素樹脂加工のフライパンです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 文・嶌 陽子 撮影協力・UTUWA(TEL.03・6447・0070)

手羽元のコチュジャン煮

手羽元は骨に沿って深く切り込みを入れておく。味がしみ込みやすくなるとともに、火の通りも早くなる。

ピリ辛ながら、まろやかで深みのある味わいの汁が手羽元にもにんじんにもよく絡み、箸が進む。「コチュジャンの辛味とにんじんの甘み、相性のよい味の組み合わせを楽しめます」

【材料(2〜3人分)】
鶏手羽元 8本(骨の間に切り込みを入れる)
塩・こしょう 各少々
にんじん 2本(300g、乱切り)
酒 1/4カップ
A[にんにくのすりおろし 1かけ、コチュジャン 大さじ3、みそ 大さじ1、水 2カップ、砂糖 大さじ1]
粗びき粉唐辛子・ごま油 各小さじ2

【作り方】
1.フライパンにごま油を入れ中火で熱し、手羽元を加え、塩こしょうして3分ほど転がしながら焼く。にんじんを加え、2分ほど炒め合わせる。
2.1に酒とAを加えて煮立てる。あくが出たら取り除き、粉唐辛子を加えふたをし、弱めの中火で15分ほど煮る。ふたを取り、強めの中火で3分ほど煮てからめる。

堤人美

堤人美 さん (つつみ・ひとみ)

料理家

雑誌やテレビなど多方面で活躍中。身近な食材にひと工夫加えたレシピが人気。最新刊『焼き煮込み』(学研プラス)が10月28日発売予定。

『クロワッサン』1055号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。