くらし

大根とスペアリブのしょうが塩煮込み【堤人美さんのレシピ】

フライパンだからこそ味わえる煮込みがあるんです。簡単なのに本格的な味になるこの料理法、さっそく今晩から取り入れてみては。
料理家の堤人美さんが使ったのは、直径26cmのごく普通のフッ素樹脂加工のフライパンです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 文・嶌 陽子 撮影協力・UTUWA(TEL.03・6447・0070)

大根とスペアリブのしょうが塩煮込み

味がよくしみ込むよう、スペアリブの脂身と赤身をまたぐようにして何カ所か切り込みを入れる。脂が出てきたら拭き取って。

スペアリブの旨みがしみ込んだスープと一緒にいただける煮込み料理。「塩メインのシンプルな味つけ。芥子をつけて食べてもおいしいですよ。煮る際に昆布を加えるとより和風の味になります」

【材料(2〜3人分)】
スペアリブ 6~8本(600g、包丁で切り込みを入れて味しみをよくする)
大根 450g(3cm厚さの半月切り)
しょうがの薄切り4枚(皮つき)
酒 1/2カップ
水 2と1/2カップ
塩小さじ 1と1/2
しょうゆ 小さじ1
サラダ油 小さじ2

【作り方】
1.スペアリブは保存袋に入れて塩小さじ1/2、しょうがを加えよくもむ。
2.フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、スペアリブの両面を2分ずつ焼き付ける。出てきた脂はキッチンペーパーで拭く。大根を加え、両面2分半ずつ焼く。
3.酒を加え煮立たせ、水を加えて厚手のキッチンペーパーをかけ、ふたをして20分ほど弱めの中火で煮込む。しょうゆと塩小さじ1を加え、さらに中火で20分ほど煮込む。

堤人美

堤人美 さん (つつみ・ひとみ)

料理家

雑誌やテレビなど多方面で活躍中。身近な食材にひと工夫加えたレシピが人気。最新刊『焼き煮込み』(学研プラス)が10月28日発売予定。

『クロワッサン』1055号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。